ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 没後25年 向田邦子展(予告) | トップページ | 『外国人力士はなぜ日本語がうまいのか』 宮崎里司 »

『わがタイプライターの物語』 ポール・オースター

わがタイプライターの物語
ポール・オースター
新潮社

 たった40ドルで買ったタイプライターだけど、わたしにとってはかけがえのない相棒。
 電動タイプライターにも、ワープロにも目もくれず、ずっと一緒に働いてきた手動のタイプライター。
 まわりからは「まだ使ってるの?」と言われてしまうけど、わたしにとってはこれが最高!

 ちゃんとメンテナンスをしているし、インクリボンは買い占めてあるし、一生使うと決めているタイプライター。

 タイプライターという機械なんだけど、「わたし」にとっては家族のような存在で、いなくなったら困る相棒になってしまっているんです。
 こういう関係って、なんだか微笑ましくっていいですねぇ。

 このタイプライターに惚れ込んじゃった人がもう一人いて、彼が描いた絵がこれまた素晴らしい!

 これは間違いなく、大人の為の絵本です。

« 没後25年 向田邦子展(予告) | トップページ | 『外国人力士はなぜ日本語がうまいのか』 宮崎里司 »

海外 小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9585066

この記事へのトラックバック一覧です: 『わがタイプライターの物語』 ポール・オースター:

« 没後25年 向田邦子展(予告) | トップページ | 『外国人力士はなぜ日本語がうまいのか』 宮崎里司 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ