ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『「小柄な女」は、運がいい!』 中山庸子 | トップページ | The Beatles in Tokyo 1966 »

『チョコレートコスモス』 恩田陸

チョコレートコスモス
チョコレートコスモス
posted with amazlet on 06.06.27
恩田 陸
毎日新聞社

 今回のテーマはミステリでもホラーでもなく、演劇!
 後半で描かれるオーデション風景は、もの凄い緊張感を感じました。

 オーデションで使われるストーリーは「欲望という名の電車」。会話の中に出てくる「サンセット大通り」。こういう作品を、恩田さんはきっと大好きなんでしょうね。

 小説を沢山読み、映画も沢山観て、お芝居だって沢山観て、そういう土台の上に恩田さんの作品が出来上がっているのだということを、強く感じました。

 まだお芝居を始めたばかりの飛鳥が、これからどうなっていくのかは未知数で、きっと壁にもぶつかるのだろうけど、何故か期待が膨らみました。

 彼女には、「がんばれ」というんじゃなくて、「好きな方向へ伸びていってね」と思うのでした。

feedpath tags:   generated by feedpath

« 『「小柄な女」は、運がいい!』 中山庸子 | トップページ | The Beatles in Tokyo 1966 »

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

コメント

圧倒的な臨場感がありましたね~
観客席に座って、舞台を見ているようでした。
飛鳥のこれからがホントに楽しみです。
まだまだ未知数。
その秘めた才能をどのように開花させてゆくのか、早く続きが読みたくて仕方がありませんね。

エビノートさん☆コメント&トラバありがとうございます
飛鳥がこの先どうなっていくのか?
彼女の魅力を活かせる脚本や舞台はできるのか?
そんなことが気になって、続編を希望しちゃいます。

こんにちは。
本当、この作品は、後半のオーディションの場面の迫力に圧倒されました。本と言うのは、ただの文字の羅列に過ぎないはずなのに、そこから、それぞれの役者がいて、それぞれ異なった存在感の演技を見せている。
そんな様子が生々しく感じられました。

たこやきさん☆こんばんは
「ただの文字の羅列」がこんなにも凄い世界を描き出せるって所が小説のすばらしさですよね!
読者の想像力を膨らませてくれる作家の技に酔いしれることこそ、読書の醍醐味だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/10708686

この記事へのトラックバック一覧です: 『チョコレートコスモス』 恩田陸:

» チョコレートコスモス [ロンリー・スマイル]
チョコレートコスモス 恩田陸の新刊ものです。 メインとなるものは「劇」。芸能界の人物描写や大学のサークルを細かく描いていると思います。 私、まだ大学生ではないので、コレを読んで大学のサークル(劇限定ですが)に興味を持ってきました。 恩田陸でこのジャンルは初めてじゃないかしら?演劇メインとなると、一つの物語が演じる人たちによっていくつもの考えが出てきて面白かったです。意外性のある演技なんか... [続きを読む]

» チョコレートコスモス 〔恩田陸〕 [まったり読書日記]
何だか美味しそうなタイトルの『チョコレートコスモス』 恩田陸さんの最新刊です。 チョコレートコスモス 「まだそっち側に行ってはいけない。そっち側に行ったら、二度と引き返せない。」 幼い時から舞台に立ち、多大な人気と評価を手にしている若きベテラン・東響....... [続きを読む]

» 「チョコレートコスモス」恩田陸 [AOCHAN-Blog]
タイトル:チョコレートコスモス 著者  :恩田陸 出版社 :毎日新聞社 読書期間:2007/03/27 - 2007/03/29 お勧め度:★★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 舞台の上の、暗がりの向こう。そこには何かが隠されている。どこまで行けばいいのか? どこまで行けるのか? 2人の少女が繰り広げる華麗で激しいバトルを描く、熱狂と陶酔の演劇ロマン。 大学の劇団に入団した佐々木飛鳥。演技経験など全くないが、類まれなる観察力と発想の豊かさ、そして天才的な演... [続きを読む]

» (書評)チョコレートコスモス [たこの感想文]
著者:恩田陸 チョコレートコスモス価格:¥ 1,680(税込)発売日:2006- [続きを読む]

« 『「小柄な女」は、運がいい!』 中山庸子 | トップページ | The Beatles in Tokyo 1966 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ