ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『あなたの脳にはクセがある』 養老孟司 | トップページ | 『喫茶店(カフェ)百科大図鑑』 東京喫茶店研究所 »

『強運の持ち主』 瀬尾まいこ

強運の持ち主
強運の持ち主
posted with amazlet on 06.06.06
瀬尾 まいこ
文芸春秋

 主人公のルイーズさんは占い師です。最初はバイト感覚で始めたのだけど、やり始めたら結構性に合ってたみたいで、けっこう楽しみながらやってます。

 ルイーズさんは占いってものの立場をよく分かってます。みんな「どっちにしたらいいですか?」って聞きに来るけど、それは決して「答を教えて」と言ってるわけじゃないということ。AとBという方法があったとして、自分はAにしようと思っているのだけど、「それでいいですよね?」と念を押しに来ているだけの人が多いということ。

 もう結論は出ているけど、最後の一押しをして欲しいと思って占い師の所へ来る人が多いって、何だか分かる気がするなぁ。誰かに反対されたらどうしよう?わたしはコレで行きたいのよ!って思っては見ても、やっぱり心細いところがあるのよ、だからわたしを応援して!ってことなんだろうなぁ。

 占い師の所へ行くっていうのは、実はコーチングを受けに行くのと同じなのかもしれないなぁ。答えを教えてもらう為ではなく、自分の頭の中を整理する為に出かけるとことなのなんだろうなぁ。

 瀬尾さんの世界って、ちょっとずれていて、ホンワカしていて、「そういうのってあるねぇ」って言いたくなる感じですね。この本もそうでした。ちょっと心が疲れたときに、瀬尾さんの世界に浸ると、心がやんわりしてくるような気がします。

トラックバック先
ナナメモ
瀬尾まいこ応援BLOG
おいしい本箱Diary
本の小さな花束
たりぃの読書三昧な日々
粋な提案
読書日和
日々の書付
樽井さんの読書&電化よもやま日記

« 『あなたの脳にはクセがある』 養老孟司 | トップページ | 『喫茶店(カフェ)百科大図鑑』 東京喫茶店研究所 »

日本の作家 さ行」カテゴリの記事

コメント

Rokoさん、こんばんは。
瀬尾さんの作り出す世界、素敵ですよね。
読んでいないページが少なくなっていくのが悲しかったです。

ななさん☆コメント&トラバありがとうございます。
鍋物にマカロニは凄いなぁ!
なんて思いながらも、ご飯を作ってもらえるって羨ましかったりして。(^^ゞ
なんだか心がホンワカしますね。

TBとコメントありがとうございます!
瀬尾さんの「人間ってなんでもありなんだよね」っていう感じの懐の深さが大好きです。
違うものを排除しない。それが読んでてほっとするところなのかなあ、って思います。この世の中に居場所があるって、いいですね。

ERIさん☆そうですよね
>違うものを排除しない
それって本当に大事なことです。
いつも瀬尾さんの文章にホッとさせてもらっています。(*^_^*)

 こんばんは。
私は何かを決める、選ぶことがどんどん苦手になって来ているように思います。

占いを
>答えを教えてもらう為ではなく、自分の頭の中を>整理する為に出かけるとことなのなんだろうな
>ぁ。
というのに何だかとても納得しました。
ああ、欠けているものが見えて来たような・・・。
(^-^;)

 ルイーズと通彦さんの関係が、とても印象的です。
待っていた甲斐がありました。

すぅさん☆こんにちは
>ルイーズと通彦さんの関係が、とても印象的です。
そうそう、どっちもマイペースで面白い関係ですよね。
どっちにしていいのか分からないことにぶつかってしまって、占いに頼りたくなることって確かにありますよね。

Rokoさん、こんばんは。
瀬尾さんの世界、ホンワカしていてあったかくていい雰囲気ですね。
占いはコーチング、に同意見です。
お客さんは最後の一押しや応援して欲しいというスタンスで来ているのがわかっているから、
ルイーズは人気があるのでしょう。

藍色さん☆トラバ&コメントありがとうございます
ルイーズさんみたいな占い師さんがいたら、わたしも見てもらいたいなぁって思います。
瀬尾さんの本もルイーズさんの占いと通じる「暖かい雰囲気」が魅力ですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/10422411

この記事へのトラックバック一覧です: 『強運の持ち主』 瀬尾まいこ:

» 「強運の持ち主」瀬尾まいこ [ナナメモ]
強運の持ち主 瀬尾 まいこ OLが性に合わなかったので占い師になったルイーズ吉田。今日もショッピングセンター二階の4畳のスペースで20分3000円で占うのだ。 ずいぶん久しぶりの瀬尾さんです。ワクワクしながら読みました。 主人公の吉田幸子は短大卒業後勤めた会社で上司との折り合いが悪く半年でやめた。とりあえずの収入のために見つけたバイトが「占い師」。ルイーズ吉田として占いを始める。最初は本を見て判断していたのだが、だんだん面倒になり直感で占いをするようになったら、当たる... [続きを読む]

» 『強運の持ち主』 瀬尾まいこ (文藝春秋) [瀬尾まいこ応援BLOG!]
強運の持ち主瀬尾 まいこ / 文芸春秋(2006/05)Amazonランキング:位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog <読者の心の扉を開けてくれる1冊> 通彦に初めて会って占ったとき、彼が強運の持ち主であることはすぐにわかった。でも、ここ...... [続きを読む]

» 強運の持ち主 瀬尾まいこ 文藝春秋社 [おいしい本箱Diary]
瀬尾さんの本がとても久しぶりのような気がする・・。 彼女の一連の作品は、今の女性作家のほのぼの系の先鞭を つけたんじゃないか、と思ってます。女性ならではの日常的な 感覚を大切にしながら、その時の気持ちの流れを素直に追う 小説。西加奈子さんや飛鳥井千砂さんは、瀬尾さんの成功が なかったら出てきにくかったかもしれない、と思ったりします。... [続きを読む]

» 『強運の持ち主』 [本の小さな花束]
強運の持ち主posted with 簡単リンクくん at 2006. 7.16瀬尾 まいこ著文芸春秋 (2006.5)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 元OLの占い師、ルイーズ吉田は、人気占い師。 そこには、毎日色んな客が訪れます。 前半の2編「ニベア」と「..... [続きを読む]

» 「強運の持ち主」(瀬尾まいこ著) [たりぃの読書三昧な日々]
 今回は 「強運の持ち主」 瀬尾 まいこ著 です。 [続きを読む]

» 強運の持ち主、瀬尾まいこ [粋な提案]
装画はコイヌマユキ。装幀は大久保明子。 別冊文藝春秋2004年5月号から2005年5月号の不定期掲載4編を収録した連作短編集。 短大卒業後、事務用品会社での営業の仕事を半年で辞めてから始めて、天職とも言えるほど... [続きを読む]

» 「強運の持ち主」 瀬尾まいこ [日々の書付]
10年ほど前、JR神田駅前に占い師がいる喫茶店があった。 その喫茶店ではコーヒーを飲みながら占いをしてもらえるスペースがあり、神田で勤めていたときは、たまに占ってもらったり相談に乗ってもらったりしたものだ。 「強運の持ち主」の主人公、 ルイーズ吉田の職業は占い師。 彼女はいいかげんな占いだけど、よく当たると評判の占い師だ。 営業時代につちかった記憶力と直感をたよりに相談者の悩みを聞き、適当なアドバイスを送ると客は満足して帰ってゆく。 ヘタに占うより直感で占ったほうがうまくいくのだ。 ... [続きを読む]

« 『あなたの脳にはクセがある』 養老孟司 | トップページ | 『喫茶店(カフェ)百科大図鑑』 東京喫茶店研究所 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ