ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『本当にあった嘘のような話』 マーティン・プリマー、ブライアン・キング | トップページ | 『女は毎月生まれかわる』 高岡英夫 »

『シリコンバレー・スピリッツ』 デイビッド・A・カプラン

シリコンバレー・スピリッツ  起業ゲームの勝利者たち
デイビッド・A・ カプラン
ソフトバンククリエイティブ

 シリコンバレーには間違いなくアメリカンドリームが存在している。
 好きな事をしていただけなのに成功した人もいれば、最初から大金持ちになろうとして成功した人もいる。

 動機はどうあれ、誰もやっていない事を誰よりも早く、便利な事をより便利にしていく事によって、アメリカンドリームは達成されていく。

 それをバックアップするVC(ベンチャー・キャピタル)は、我が日本では考えられないような存在だ。フロンティアスピリットと金銭感覚という相反する物の融合体がVCなのだろうか?

 日本でも「IT長者」と呼ばれるような人達が登場しているが、そこにはVCの存在は感じられない。IT業界自体がまだまだ日本の経済界の中ではアンダーグラウンドなものだと考えられているんじゃないかなぁ?

 あのライブドアに声を掛けたのが村上ファンドだったってことも、ますますダークなイメージができちゃったんじゃないだろうか?

 そんな流れを何とかクリーンな方に持っていこうとしているのが、ソフトバンクだけど、これだって日本資本じゃなく、外国の資本を使っているわけで、日本の経済界はこれをどう考えているんだろう?って思っちゃうんだなぁ。

 ベンチャーと呼ばれる企業には前進する力を感じるけど、ある程度以上の規模になってしまうと、ピタッと守りに入ってしまうのはしょうがないことなんだろうか?守ろうと思った瞬間から衰退が始まるとわたしは思う。

 ワールドカップで随分語られたことだけど、最後に頭一つ抜けのに必要なのは「自分が行く!」というという気持だと思うんだけど、やっぱり日本人って横並びが好きだなぁって感じてしまう。

 「誰かがやってくれるさ」と全員が考えたとき、敵のスルーパスが抜けてしまうということを忘れちゃいけない!

Book Crossing で放流しました。もし見つけたらコメント下さいね。BCID:268-3990599

« 『本当にあった嘘のような話』 マーティン・プリマー、ブライアン・キング | トップページ | 『女は毎月生まれかわる』 高岡英夫 »

海外 その他」カテゴリの記事

伝記・日記・ノンフィクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/10963891

この記事へのトラックバック一覧です: 『シリコンバレー・スピリッツ』 デイビッド・A・カプラン:

» ベンチャー キャピタル を知れば、投資に幅がでてくるぞ [ベンチャー キャピタル を知れば、投資に幅がでてくるぞ]
ベンチャー キャピタル についての情報を集めました。 [続きを読む]

« 『本当にあった嘘のような話』 マーティン・プリマー、ブライアン・キング | トップページ | 『女は毎月生まれかわる』 高岡英夫 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ