ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『沖で待つ』 絲山秋子 | トップページ | The Beatles in Tokyo 1966 @SONY Bld. »

映画 「プルートで朝食を」

Photo_23  好き、好き、この映画 大好き!

 ニール・ジョーダン監督の映画を観るのは、クライング・ゲーム以来だけど、やっぱりいいなぁって思う。

 アイルランドの問題、トランス・セクシャルな主人公、2つの映画に共通するところは多いけど、この映画の方が明るくって、楽しかったなぁ!

 アイルランドって、イギリスのすぐ隣の国なんだけど、まるで違う国なのよね。イギリスとの関係も微妙だし。

 映画に登場する人達は、ほとんどがアイリッシュ。無骨で真面目で、力強い。主人公のキトゥンは、身体は男だけど、心は女。田舎の高校の中では浮きまくっている。

 体育より家庭科の授業を受けたいと先生にお願いして、自分の服を一生懸命作っちゃうし!学校の制服に刺繍やスパンコールを付けて思いっきりオシャレにしちゃうところなんて、ものすごくキュート!

 ロンドンでのシーンで、ブライアン・フェリーが登場したのにはビックリ!彼が演じるのは悪~い人、けっこう似合ってたかも?

 物語の中で、何度も登場する二羽のコマドリ(robin)がとっても可愛いの!それに合わせて流れる Fly robin fly ♪ もよかったなぁ!映画の中で使われている音楽は 50's~70'sのもので、わたしの知っている曲ばかり!

 政治的に難しい地域に住み、ゲイと言うことで周りの人から変な目で見られ、でもキトゥンはいつも前向きで、きっと明日はいいことがあると信じて生きているんです。だからかなりヤバイ暮らしに足を突っ込むようになっても、誰かに必ず手を差し伸べてもらえる、強運を持っているんでしょうね。

 わたしの大好きな映画が、また一つ増えました。(*^_^*)

 プルートで朝食をのHPは こちら です。

製作年 2005年
製作国 アイルランド イギリス
原題 BREAKFAST ON PLUTO
時間 127分
監督 ニール・ジョーダン

« 『沖で待つ』 絲山秋子 | トップページ | The Beatles in Tokyo 1966 @SONY Bld. »

映画」カテゴリの記事

コメント

ども!

僕も「クライング・ゲーム」好きです。あと「モナリザ」も。なんか独特の雰囲気がありますよねこの監督の作品。

で、なんですか?、ブライアン・フェリー出演してるんですか?実はワタクシ、ソロとRoxyの全アルバム持ってます(笑)。レコードですが...

RSさん☆ブライアン・フェリーのファンだったんですか?

登場するのはホントに短いシーンなんですけど、怖~いおじさんを演じてます。
IRAも怖いけど、こういうおじさんの方がもっと怖いなぁなんて思っちゃいました。

おはようございます。
こまどりですか、二羽で始まり、終わる。
警察の拷問を受けながら、あとでは警察官も同情させてしまう。このシーン、主人公のもつ不思議さを感じました。音楽は詳しくないのですが、良かった。

モンガさん☆おはようございます。
警官までファンにさせてしまうキトゥンって、ほんとにキュートでしたね。(#^.^#)
キトゥン=子猫ちゃん ってニックネームがピッタリでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/10801170

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 「プルートで朝食を」:

« 『沖で待つ』 絲山秋子 | トップページ | The Beatles in Tokyo 1966 @SONY Bld. »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ