ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« feedpath | トップページ | Windows のメモ帳 »

『陽気なギャングの日常と襲撃』 伊坂幸太郎

陽気なギャングの日常と襲撃
伊坂 幸太郎
祥伝社 (2006/05)

 今回も、広辞苑の引用 プラス オリジナルの解説がステキ~!

 【かべがみ】
 「親馬鹿のあの日の_は、いつも子どもの写真だよ」
 「微笑ましくていいじゃない」
 「でも子供、二十歳だぜ」
 「げ」 (本文より抜粋)

 今回は各メンバーの私生活がかなり描かれてるんですが、みんなヘンです。(^^ゞ
 揃いも揃って、おかしな事ばっかり考えてます。これだけおかしな人達が揃えば、楽しいギャング団ができるってことかな?

 誰が言ったのか分からない格言もたくさん出てくるので、気に入ったからと言って使うのは注意!

 でも、どれも面白いんだよねぇ!伊坂さんって、こんなことばっかり考えてるのかなぁ?

 今回のお気に入りフレーズは、コレ。雪子さんいいこと言うなぁ!

 「卵を割らなければ、オムレツを作ることはできない」

トラックバック先
じゅずじの旦那
まったり読書日記
+ChiekoaLibrary+
アン・バランス・ダイアリー
粋な提案

« feedpath | トップページ | Windows のメモ帳 »

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

コメント

意味不明?の「諺」「格言」が終わってみれば「名言」になってしまっている(笑)
おみごと!って感じですよね。
TBさせてもらいました。

juzjiさんコメント&トラバありがとうございます。
辞書の使用例が面白くって、かなり笑わせてもらいました。(#^.^#)
ギャングでも、誘拐犯でも、仕事の美学ってのが大事だと思うのでした。φ(.. )

Rokoさん、こんばんは!
TBありがとうございます♪
今回も辞書の引用+αが楽しめましたね(^_^)
これだけ集めて一冊にまとめたい!と思うくらいセンスがあります、伊坂さん!

エビノートさん☆コメント&トラバありがとうございます。
4人の私生活もなかなか可笑しかったし。(#^.^#)
是非シリーズ化して欲しいですよね!
辞書だけまとめて「悪魔の辞典」みたいなのを作ってもらいたいなぁ!

ほんとおもしろかったですね!かなり笑い転げました…。1冊目の方がいい!って意見を多く聞きますが、私はこの楽しさは格別だと思っております!あれはあれ、これはこれ…。

chiekoaさん☆コメント&トラバありがとうございます
そうですよ、あれはあれ、これはこれ!
この4人って、襲撃より日常の方が面白過ぎです!

Rokoさん、こんばんは。
あの格言も伊坂さんらしいユーモアがあふれていましたね。
久遠の手癖の悪さから今回は早期解決と思ったら、やっぱりこじれるところが伊坂さん流?。
4人の日常も、楽しかったですね。

藍色さん☆トラバ&コメントありがとうございます
4人の日常が普通なようで、やっぱり普通じゃないところがステキ!
シリーズ化して欲しいなぁ!(#^.^#)

Rokoさん こんばんは。
広辞苑引用+オリジナル解説は素晴らしいです!!
4人の私生活、楽しく読みました。
私も雪子さんの、格言??!好きです。
あのメンバーに、また会いたいですね。

naruさん☆こんばんは
伊坂さんって、こういう言葉の天才だと思います!
格言っぽいけど、何だかニヤニヤしちゃいますよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/11034899

この記事へのトラックバック一覧です: 『陽気なギャングの日常と襲撃』 伊坂幸太郎:

» 【陽気なギャングの日常と襲撃】 伊坂 幸太郎 著 [じゅずじの旦那 ]
《史上最強の天才強盗4人組が巻き込まれたバラバラな事件。だが、華麗なる銀行襲撃の裏に突如浮上した「社長令嬢誘拐事件」と奇妙な連鎖を始め…。絶品のプロット、会話、伏線が織りなす軽快サスペンス!》 やっと読めました。本当は映画をみた後にすぐ読み予定だったんですが、図書館からの本が押していて・・・ 相変わらず軽快なテンポでキレがいい。 そして、意味不明の「諺」「格言」が終わってみれば「名言」になってしまっている!? とにかくボケボケしている時にはちょうどよい本ですね。 何も考えな... [続きを読む]

» 陽気なギャングの日常と襲撃 〔伊坂幸太郎〕 [まったり読書日記]
陽気なギャングの日常と襲撃 ≪内容≫ 人間嘘発見器成瀬が遭遇した刃物男騒動、演説の達人響野は「幻の女」を探し、正確無比な“体内時計”の持ち主雪子は謎の招待券の真意を追う。 そして天才スリの久遠は殴打される中年男に―史上最強の天才強盗4人組が巻き込まれたバ...... [続きを読む]

» 陽気なギャングの日常と襲撃 [伊坂幸太郎] [+ ChiekoaLibrary +]
陽気なギャングの日常と襲撃伊坂 幸太郎 祥伝社 2006-05 人間嘘発見器・成瀬が遭遇した刃物男騒動と押し込み強盗事件。演説の達人・響野のもとに持ち込まれた「幻の女」の謎。正確無比な“体内時計”の持ち主・雪子の会社の同僚に届いた謎の芝居の招待券の真意。そして天才スリ・久遠が居合わせた中年男の襲撃現場。―史上最強の天才強盗4人組が巻き込まれたそれぞれの事件。だが一見バラバラに見えたそれらの事件は、華麗なる銀行襲撃の裏に突如浮上した「社長令嬢誘拐事件」と奇妙な連鎖を始め…。 『陽気なギャン... [続きを読む]

» 『陽気なギャングの日常と襲撃』  伊坂幸太郎  祥伝社 [アン・バランス・ダイアリー]
陽気なギャングの日常と襲撃 映画が公開中ですが、上映館が少ないようで、同僚は梅田まで行って見てきたらしいです。見たいけれど、大阪でもうちは田舎なので、ちょっと遠いなぁ・・・。 で、続編です。第1作と同様、人間嘘発見器の成....... [続きを読む]

» 陽気なギャングの日常と襲撃、伊坂幸太郎 [粋な提案]
装幀、カバー写真、カバーモデルは前作と同じ。「小説NON」2004年5月号から2005年6月号の不定期掲載した四短編を長編の第一章として大幅に改稿、第二章以下は書き下ろし。映画化された「陽気なギャングが地球を回す... [続きを読む]

« feedpath | トップページ | Windows のメモ帳 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ