ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『4時のオヤツ』 杉浦日向子 | トップページ | 『心配するな、なんとかなる』 無能唱元 »

映画 「ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男」

Brian_johns 1969年7月3日。ブライアン・ジョーンズが、自宅プールで死体で発見された。当時は、アルコールとドラッグの影響による偶発的な事故として処理されたのだが、その後、自分が彼を殺したのだという人物が現れたのです。

 他殺説という新しい観点から生まれたのが、この映画です。

 ブライアン・ジョーンズが最後に住んでいた豪邸は、「くまのプーさん」の作者として知られるミルンが住んでいた家なんです。いかにもイングランドらしい田舎風の屋敷で、綺麗な庭に囲まれています。写真では見たことがありましたけれど、こうやって映画で見ると、本当にステキです。

 ブライアン・ジョーンズはストーンズを作った人ですが、どちらかといえば楽器の演奏の方の才能がある人で、曲作りの才能は余りなかったんじゃないかな?だから曲作りに長けたミックとキースに主導権を取られてしまって、へそを曲げ、結局はストーンズを辞めることになってしまったような気がします。Stonesmovie_2

 60年代って、もの凄く色んな事が変わっていった時代です。ミニスカートが登場し、男性は髪を伸ばすようになり、音楽界にはロックが登場し、価値観がガラッと変わったんですよね。

 この映画の一つの見物は、登場人物のファッションだと思います。マラケシュでキースが着ていたモコモコのコート、ブライアンが着ていたストライプのスーツやブリブリしたフリルが付いたブラウス、ミックが着ていたベージュのスーツ。

 彼らを演じているのは現代の若者なのに、こういう衣装が似合うって、やっぱりイギリス人だからなのでしょうか?

 映画の最後の方で、「ブライアンはあの時点で死んだからこそ記憶に残ったんだ」っていうセリフが出てきたんですが、それって言い得て妙な気がします。あのままミュージシャンとして生き続けたら、大した活躍もできずに消えていったんじゃないかなぁ?

 セックス&ドラッグの時代の先頭を走っていき、先頭を切って死んでしまったブライアン。彼が死んだ3日後に行われたハイドパークでのコンサートはストーンズとして1つのピークだったと思います。ここからストーンズの世界制覇は始まったんです。

製作年 2005年
製作国 イギリス
原題 STONED
時間 103分
監督 スティーヴン・ウーリー

« 『4時のオヤツ』 杉浦日向子 | トップページ | 『心配するな、なんとかなる』 無能唱元 »

音楽」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/11329104

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 「ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男」:

« 『4時のオヤツ』 杉浦日向子 | トップページ | 『心配するな、なんとかなる』 無能唱元 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ