ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『バカはなおせる』 久保田競 | トップページ | 浅草サンバカーニバル スペシャルサンバショー 2006 »

『イレギュラー』 三羽省吾

イレギュラー
イレギュラー
posted with amazlet on 06.08.25
三羽 省吾

 今朝の新聞に、甲子園で優勝した早稲田実業の野球部のメンバーが東京都庁へ優勝報告へ行き、石原都知事のサイン入りバットをもらった(!?)という記事が出てましたね。普段、日本のプロ野球は見ないわたしですが、高校野球だけは見ちゃうんだなぁ!

 このストーリーに登場するのは春の選抜に県代表となった高校と、殆ど誰も知らない山奥の高校の野球部の選手達です。最初はお互いに反目しあっているのだけれど、お互いを知るにつれ、それぞれの良さをみとめあうようになっていくんです。

 高校野球の魅力って、一生懸命さだったり、純朴なところだったり、チームワークだったりするのですが、そういうものを求める気持って、歳とともに大きくなってきたような気がします。

 イレギュラーって、不規則なこと、変則的なことっていう意味ですよね。一見、本道から離れてしまって、イレギュラーな道を歩んでいるように見えていても、ドッコイ逞しく生きている主人公のコーキ君、こんな大型新人が出てきたら、日本の野球界の将来は明るいんだけどなぁ!

P.S. 他の方の書評を読んでいると、野球のルールが分からないって方が結構多いんですね。昔ほど野球はメジャー・スポーツじゃなくなっちゃったのかなぁ?わたしはON時代から見てます (^^ゞ から、インフィールド・フライも3フィートラインも分かりますよ~。

« 『バカはなおせる』 久保田競 | トップページ | 浅草サンバカーニバル スペシャルサンバショー 2006 »

日本の作家 ま行」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

Rokoさん、こんばんは。
コメント、トラバありがとうございます。
トラバ、ちゃんと反映されてて一安心です。
今年の高校野球、ものすごい熱戦でしたね。
今度は日米野球。早稲田と苫小牧の両エースは、5戦すべて勝つ気でいる、とインタビューで答えていました。
この作品、ちょっと型破りですが、お互いのよさを認める部分も魅力的に描かれていましたね。
コーキ君みたいな新人、出てきたら楽しいでしょうね~。

藍色さん☆トラバ&コメント、そしてご紹介ありがとうございます(#^.^#)
この季節に、この本に出会えたってとってもタイムリーでした。
高校野球の魅力と、登場人物達の個性が、どちらもステキでした。

Rokoさん、おはようございます。

登場人物は脇役まで細かくかかれていれ魅力的でしたよね。
三羽さんの次の本が待ち遠しい私です。

ななさん☆トラバ&コメントありがとうございます
本を読んでいる間ずっと、野球って楽しいなぁ!高校生っていいなぁ!って気持になりました。
三羽さん、要チェックですね!

あ、私もプロ野球は見ないけど、高校野球は見ちゃう派です。っていうか社会人なのに見すぎ!ってくらい見てます(笑)。また夏が終わってしまった…。私のシーズンは終了です(笑)。

chiekoaさん☆トラバ&コメントありがとうございます
ヤッパリ高校野球は別物ですよね!
トーナメントの緊張感は格別です!

Rokoさん…ごぶさたです。
イイ本でしたー。
読了に1週間もかかってしまいましたけど。
勢いのある本は勢いよく読まないと…ですね。
今Rokoさんのプロフィールを拝見していましたら
ダンスとNBAがお好きというところに今さらながら反応してしまいました。
NBAは私も好きでよく見ています。
10/31の開幕が待ち遠しいです。

ユミさん☆NBAファンですか?嬉しいなぁ!
そうですね、勢いがある本でした。
いろんな本を読みますけど、スポーツ絡みの本はヤッパリ好きですねぇ!
NBA絡みの本を探そうかなぁ。

ちょうど今日から息子が『マイケル・ジョーダン物語』を読み始めました。
小説みたいなものもあるのでしょうか?
先日代々木にコービーをみにいってきました♪
http://himasaeareba.jugem.jp/?eid=1464
Rokoさんならこの感動が分かち合えるかもしれません(笑)。
お暇なときにのぞいてください。
BLOGのURLが変わったので登録の変更をお願いいたします<(_ _)>。

ユミさん☆
ボブ・グリーンの本は他のも面白いから、是非読んで下さいね。
NBA関係の本は、殆どがジョーダンものですねぇ。野球のようには沢山ありませんねぇ。
早退してコービーを見に行ったんですね!
きっと息子さんにとって、一生忘れられない思い出になりますよ!

こんばんは!
今年の高校野球は、甲子園、日米野球、国体と盛り上がりが続きましたね。
ああ、見ておけば良かった。
高校野球の面白さ、奥深さなどこの本でいろいろと感じることができました。
一戦にかける情熱はプロ野球にはない、高校野球ならではの魅力ですね。
来年は見てみよう!

エビノートさん☆こんばんは
トーナメントだからこその厳しさが高校野球の魅力です。
プロ野球はほとんど見ないわたしですが、甲子園だけは注目してしまいます。

昨年は娘が私の母校に進学し、夏には久しぶりに母校の試合をTV観戦して熱くなりました。高校野球はやはりいいです。(と言いつつ、全国大会の試合はあまり見ていなかったのですが)
蜷高があっさり勝ってしまったりしなかったのが、良かったです。

Rokoさん こんばんは。
トラバ・コメントありがとうございます。
この作品には、笑わせてもらいました~。
登場人物が多くて、相関図まで書いちゃいましたよ(笑)
またちょくちょく伺いますので、今後とも宜しくお願いしま~す。

naruさん☆いらっしゃいませ
>登場人物が多くて、相関図まで書いちゃいましたよ
ホントに大勢登場しましたよね。
これからも、どうぞよろしくお願いします。m(__)m

ON時代、私も見てました~。
というより、チャンネル権がなくって
父につきあってみてただけなんですけど。
だからか未だに野球はよくわからず・・。
でもこの試合が「ありえねー」っていうのは
よーくわかりました。
楽しかったです♪

juneさん☆わたしもON世代です!
最近はMLBしか見なくなってしまいましたが、高校野球だけは別ですねぇ!
「ありえね~!」パワーが気持ちよかったですねぇ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/11596986

この記事へのトラックバック一覧です: 『イレギュラー』 三羽省吾:

» イレギュラー、三羽省吾 [粋な提案]
Cover Design:岩郷重力+WONDER WARKZ。 2002年「太陽がイッパイいっぱい」で第8回小説新潮長篇新人賞を受賞デビュー。主な作品「厭世フレーバー」「Sweet Blue Age」(アンソロジー)など。 台風水害で人命以外の全... [続きを読む]

» ◎◎「イレギュラー」 三羽省吾 角川書店 1260円 2006/5 [「本のことども」by聖月]
 評者の出身高校は、鹿児島県立鶴丸高等学校という、県内随一の進学校である。どのくらい進学校かというと、校名をクリックすると現在の進学状況が表示されるので、数字上では大体わかるかと思う。評者のいた頃で、在学者500名、で東大進学者が25名を超えていたので、東京から遥か離れた鹿児島で、東大進学率5%超っていうのは中々のものだろう。ちなみに現在では少子化のため全校生徒数は370名くらいで21名の東大進学ということは、未だに進学校であることには変わりはないようで、ってな話は虎の威を借る狐であって、評者は東大... [続きを読む]

» ● イレギュラー 三羽省吾 [本を読んだら・・・by ゆうき]
イレギュラー 三羽 省吾 角川書店 2006-06 すごく良かったです。爽やかで、面白かった。時々、しんみりもさせてくれた。明日への、元気をもらえる本です。久々に出会った、男女年齢を問わず、色んな人にオススメしたくなる作品。 蜷谷村は、9月の台風による水害で壊滅状態になり、人命以外のあらゆるものが失われました。半年がたった今も、村民のほとんどが、仮設住宅暮らしをしています。被害は深刻で、いつまた村で暮せるようになるかはわかりません。ほとんどの村民は農業など、村でしか出来ない仕事で... [続きを読む]

» 「イレギュラー」三羽省吾 [ナナメモ]
イレギュラー 三羽 省吾 水害で村を離れ、町の廃校になった小学校で生活する蜷村の人たち。グランドがなく練習も出来ない蜷高の野球部の面々はナンパに喧嘩、くすぶる毎日。そんな蜷高にグランドを貸してくれると名乗り出た名門K高野球部。 高校生の野球の物語。近所の球場では夏の選抜の予選が行われています。そんな応援の声を聞きながらの読書。夏にぴったりの物語でした。 水害で村を離れなければいけなかった蜷高の生徒と監督のダルマ。春の選抜で惜しいところまで言ったK高の生徒とその事に危機... [続きを読む]

» イレギュラー [三羽省吾] [+ ChiekoaLibrary +]
イレギュラー三羽 省吾 角川書店 2006-06 住んでいた村が水害で壊滅。避難生活を余儀なくされ苦しい生活の中、練習もままならない蜷高野球部。そんな蜷高の野球部監督に、練習場所を提供しようと話を持ちかけたのは、センバツ出場も果たした地元の名門野球部K高の監督。彼の目論見は…。 これは…大ヒットです!ホームランです!ただでさえ青春モノが大好きな私。それにくわえて高校野球ときた日には!!(毎年毎年テレビでみまくり、泣きまくり)。もうこの表紙からして私の心をわしづかみです。 私は弱虫なの... [続きを読む]

» イレギュラー/三羽省吾 [ひまさえあれば]
特別野球が好きってわけではありません。むしろよく分かりません…しかしスポーツものは熱くて爽やかで読後感がタイヘンよろしいです!厭世フレーバーで三羽さんにクラッとしてしまったので新作がとても楽しみでした。高校野球モノと聞いて一抹の不安がよぎりましたが球種の細かい説明などは多少飛ばしながらアチコチに登場する粋な計らいに胸を熱くいたしました。軽そうに見えて実はズシンと来るのが三羽さんの魅力ですね。村を丸ごと壊滅させた水害から半年…蜷谷村の住民は廃校になった小学校でつらい避難所生活を送っている。蜷高野球部も... [続きを読む]

» <面白い>『イレギュラー』 三羽省吾 (角川書店) [活字中毒日記!]
イレギュラー三羽 省吾 / 角川書店(2006/06)Amazonランキング:位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog <青春を五感で体感させてくれる小説。> 作者の三羽省吾(みつばしょうご)さんは1968年生まれ。2002年『太陽がイッパイいっぱい』で小説新潮長編新人賞を受賞してデビュー、その後『厭世フレーバー』(文藝春秋)を上梓、本作は3作目となる。 爽快かつ痛快なストーリーに魅せられること請け合いの作品である。 エンター... [続きを読む]

» イレギュラー 〔三羽省吾〕 [まったり読書日記]
イレギュラー ≪内容≫ 新鋭が描く、熱すぎる傑作青春小説! 素質だけは全国レベル、態度ならメジャーレベルの豪腕高校生ピッチャー・コーキは、強豪野球部K高にプライドを蹴散らされ、真剣に野球に取り組みはじめた。 だが思ってもみなかった事件がコーキたちに降り....... [続きを読む]

» 「イレギュラー」三羽省吾 [AOCHAN-Blog]
タイトル:イレギュラー 著者  :三羽省吾 出版社 :角川書店 読書期間:2006/10/08 - 2006/10/10 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 村が水害にあい、グラウンドも使えず練習もままならないニナ高野球部。素質は全国レベル、態度ならメジャーレベルの剛速球投手コーキもその素質をくすぶらせ、ナンパやケンカ三昧の日々。そんなニナ高に、恰好の練習相手として目を付けたのは名門野球部K高だった。だが両校は合同練習初日に衝突する。自分の球に絶大... [続きを読む]

» 「イレギュラー」三羽省吾 [宙の本棚]
本を読んでいて、声を出して笑ってしまったのは久しぶり。楽しい本でした。 高校野球青春小説。スポコンというよりスポコメ。(スポーツコメディ。琴子ちゃん風に略してみました) 高校野球を一番熱心に見ていたのは中学時代だったかな。原選手が活躍していた頃ですね。....... [続きを読む]

» 三羽省吾「イレギュラー」 [待ち合わせは本屋さんで]
「もっとデカいものを盗んでやるんだ。いつかまとめて、ヤツらを出し抜いてやるんだ」 [続きを読む]

« 『バカはなおせる』 久保田競 | トップページ | 浅草サンバカーニバル スペシャルサンバショー 2006 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ