ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『銃とチョコレート』 乙一 | トップページ | 『まいにちトースト』 たかはしみき »

『アディダスVSプーマ もうひとつの代理戦争』 バーバラ・スミット

アディダスVSプーマ もうひとつの代理戦争
バーバラ・スミット
ランダムハウス講談社

 アディダスとプーマ、その創立者は実の兄弟というところから、このストーリーは始まります。営業力に優れるルディと、技術者のアディは、最初は一緒に仕事をしていました。でもこの2人、どちらも自分にもの凄い自信があって、かなり若い時代に別々の道を歩み始めます。

 ルディはプーマを、アディはアディダスを創立し、それ以降この2社はライバル関係を続けているのです。

 今でこそ、靴以外のもの、ウェアやバッグ、さまざまなグッズがブランドマークを付けて市場に出回っていますけど、最初の頃はそういうものを出したくても、創立者である社長さんがウンと言わなかったので、別会社を作ってしまったという話など、いろいろなエピソードが語られます。

 でも、この本を読んで一番感じるのは、スポーツビジネスにおける利権争いの激しさです。オリンピック委員会や、FIFAの役員たちとアディダス、プーマとの関係は、知れば知るほど「ベッタリだよねぇ!」と思ってしまいます。

 80年代以降、ナイキやリーボックによって開発された新しい市場、ジョギングやエアロビクス市場に出遅れてしまったり、同族企業であるゆえに社内のまとまりに欠けてしまったり、企業買収問題が発生したり、どうしてこんなにいろんな事が起きるんだろうと感心するばかり。

 真実は小説より奇なりとは、まさにこの2社のことだなぁと思うのでした。

« 『銃とチョコレート』 乙一 | トップページ | 『まいにちトースト』 たかはしみき »

海外 その他」カテゴリの記事

伝記・日記・ノンフィクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/12295226

この記事へのトラックバック一覧です: 『アディダスVSプーマ もうひとつの代理戦争』 バーバラ・スミット:

« 『銃とチョコレート』 乙一 | トップページ | 『まいにちトースト』 たかはしみき »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ