ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『地球が天国になる話』 斎藤一人 | トップページ | 由美かおるってやっぱりスゴイ »

『それからはスープのことばかり考えて暮らした』 吉田篤弘

 ナナメモ さんのところで見かけたこの本、タイトルと表紙(暮らしの手帖みたいでしょ?)が気になって読んでみました。これはアタリです!

 主人公のオーリィさんは古い日本映画が大好きで、良く名画座へ出かけます。彼が追いかけているのはスターじゃなくて、ホンの脇役で登場する女優さん。彼女が数秒から長くとも数分登場する瞬間を待っているのです。

 そしてもう一つ、オーリィさんが気にしているのは、商店街にあるサンドイッチ屋さん。お店の名前は「3」といいます。

 オーリィさんが住んでいるアパートの大屋のオーヤさん。サンドイッチ屋の安藤さん。安藤さんの息子のリツ君。映画館で知り合ったあおいさん。この本に登場する人達はみんな優しい人ばかりです。

 この本を読んでいるうちに、おいしいサンドイッチと、おいしいスープを持って公園でお昼を食べたいなぁ!なんて気持になってしまいました。オーリィ君のように映画館へ行くのもいいなぁ!

 映画がそっちのけになってしまう程おいしいサンドイッチって、どんな味なんだろう?あおいさんが作ったスープってどんな感じなんだろう?なんて、いろんなことを想像しながら本を読むものだから、お腹が空いてしょうがない!

 この本の作者の吉田さんは、クラフト・エヴィング商會としても活躍されているんですね。流れている空気感がなんとなく似てるなぁと思ったんですよ。「ないもの、あります」をまた読みたくなりました。

☆☆☆☆☆☆(絶対オススメ!)

 トラックバック先
+ ChiekoaLibrary +
ナナメモ
本読み日記
栞のさんぽみち
まったり読書日記
おいしい本箱Diary
まっしろな気持
日々の書付
活字の砂漠で溺れたい

« 『地球が天国になる話』 斎藤一人 | トップページ | 由美かおるってやっぱりスゴイ »

日本の作家 やらわ行」カテゴリの記事

コメント

私は吉田さん初読みで、クラフト・エヴィング商會ってのも知らなかったです…迂闊でした!これからチェックしまくりたいと思います♪とってもよかったです!

chiekoaさん☆こんばんは
クラフト・エヴィング商會は本の装幀もやっていているんですよ。
是非チェックしてくださいね。

Rokoさん、こんばんは。

すごくステキな空気が流れている本でしたよね。
忙しいときにパラパラめくってホッとできる。
そんな本でした。

ななさん☆ご紹介ありがとうございました。
こういうマッタリした時間をわたしも過ごしたいなぁって思いました。
それにしても、お腹が空く本でしたねぇ!(#^.^#)

こんばんは★
とても素敵な時間を感じさせてくれる作品でしたね。
何気ない日常を大切に暮らすことこそが、幸せなのだなぁと気づかされた作品でした。
それにしても、サンドイッチとスープのおいしそうなことといったら!!
またおなかが空いてきました…(^-^;

Rutileさん☆おはようございます
ステキだけど、お腹が空いちゃう本でしたね。(*^_^*)
トロアのパンが食べてみたいです。

最近購入した本や、図書館で借りた本の装丁が
クラフト・エヴィング商會でした~
で、巻末の本紹介に「ないもの、あります」があって
すごく読みたい!と思っているところです。
吉田さんの本ももっと読んでみたいと思う、穏やかな空気があふれている内容でしたね。
そして、美味しいサンドイッチと、スープを味わってみたくてしかたありません♪

エビノートさん☆おはようございます
お腹が空く本でしたね!(#^.^#)
クラフト・エヴィング商會は要チェックですよ~!

心がこもったものってとても大切に思えますね。
食べ物にも風景にもあたたかな心のこもった一冊でした。

TBを送ったのですけれど反映されないようなので
記事のURLを入れておきますね。

ふらっとさん☆こんにちは
>心のこもった一冊でした。
ホントにそうですねぇ!
日常を丁寧に生きることって大事ですよね。

うきょー!!
Rokoさんも、この本読んでましたか♪
あたしは、吉田篤弘ワールド大好きなんです。
図書館に行くときは、
いつも最初に「よ」(50音順)のコーナーに行きます
( ̄▽ ̄)σ

これも、トラバしまーす★

つたまるさん☆そうなんですか?
わたしは、吉田さんというか、クラフトエヴィング商會が大好きなんです。
この本の中で作られるスープが、どんな味なのか気になってしょうがありません。(#^.^#)

Rokoさんへ
巻末に書かれた「名なしのスープのつくりかた」ではまずはじめに「期待をしないこと」って書いてあるのがいいですね。肩ひじをはらずにゆっくりとスープづくりを楽しむ。こんな時間がほしいです。それにしても、月舟町に住んでみたいです。

日月さん☆こんばんは
無心に作る料理こそがご馳走なのかもしれません。
コトコト煮込んだ熱いスープは、寒い冬には何よりのごちそうですものね。(^o^)/

Rokoさん こんにちは
随分昔の記事に 笑 失礼します!
なんとも空気感の良い小説でした。
吉田さん、もう一冊積本がありますので、
そちらも楽しみです!

yoriさん☆こんばんは
ゆったりした気持ちになれる本ってなかなかないですもの、
この雰囲気いいですよねぇ!
もう一冊も楽しんでくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/12689566

この記事へのトラックバック一覧です: 『それからはスープのことばかり考えて暮らした』 吉田篤弘:

» それからはスープのことばかり考えて暮らした [吉田篤弘] [+ ChiekoaLibrary +]
それからはスープのことばかり考えて暮らした吉田 篤弘 暮しの手帖社 2006-08 郊外の小さな街のアパートに引っ越してきた失業中の大里。街で人気のサンドイッチ屋の店主とその息子、アパートの大家さん、行きつけの映画館の係員やそこでよく会うおばあさん…彼と彼が出会った人々が紡ぐ、あたたかい日々の物語。 ほうぼうでタイトルを見かけて気になっていたので、図書館で借りてきました、が、読み終わって今、買ってもいい!これは買い!という気持ちですごくいます。大好きです。 こんなタイトルだし、暮らし... [続きを読む]

» 「それからはスープのことばかり考えて暮らした」吉田篤弘 [ナナメモ]
それからはスープのことばかり考えて暮らした 吉田 篤弘 昔の映画ばかり上映するよく行く映画館がある街から電車に乗って1駅。そんな所に住み始めた主人公のオーリィさん。よく見かける「3」と書いてある紙袋。それは近所にあるサンドイッチ屋さんの包みだった。 主人公のオーリィさん、大家のオーヤさん、サンドイッチ屋「トロワ」の店主安藤さんと息子のリツ君。緑の帽子をかぶっているあおいさん。オーリィさんの住む部屋からは隣の教会の十字架が見えて、「トロワ」の紙袋には「3」と書いてあるだけ。古い映画館... [続きを読む]

» それからはスープのことばかり考えて暮らした [本読み日記]
それからはスープのことばかり考えて暮らした吉田 篤弘 (2006/08)暮しの手帖社この商品の詳細を見る 引っ越してきたばかりの大里(オーリィ)は、3と印刷された袋を抱える人が多いことを不思議に思う。 大家の大屋さん(... [続きを読む]

» 『それからはスープのことばかり考えて暮らした』吉田篤弘 [道草読書のススメ]
シェアブログ1152に投稿 毎日を大切に愛おしく生きるためのエッセンスが、 それこそスープのように、ぎゅっと詰まっている本です。 たとえば…  が、で働くようになって、店先で直接お客さんと顔を合わせているうち、 ... [続きを読む]

» それからはスープのことばかり考えて暮らした 〔吉田 篤弘〕 [まったり読書日記]
それからはスープのことばかり考えて暮らした吉田 篤弘 暮しの手帖社 2006-08売り上げランキング : 52769おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ どんなときでも同じようにおいしかった。 だから、何よりレシピに忠実につくることが大切なんです…。 あ....... [続きを読む]

» それからはスープのことばかり考えて暮らした 吉田篤弘 暮らしの手帖社 [おいしい本箱Diary]
ひっそりと丁寧に作られた小さな扉を連想する、静かなお話。 その扉を開けるには、小さな心の鍵が必要。それを持っている人には とても心地よい場所。 [続きを読む]

» それからはスープのことばかり考えて暮らした [まっしろな気持ち]
 これさえあればいい。そうきっぱり言いきれる人を、わたしはひどく格好いいと思う。余計なしがらみや多くの荷物に束縛されることなく、しゃんと一人で立っていられるのが、わたしの理想とするところなのだ。吉田篤弘著『それからはスープのことばかり考えて暮らした』(暮しの手帖社)には、次のような箇所がある。“本当に何もない家でしょう?わたしはね、食べる... [続きを読む]

» ゆっくりがいいね [活字の砂漠で溺れたい]
吉田篤弘さんの 「つむじ風食堂の夜」を読んだのは 09年の8月のことだった。 とても良かったので他の本も読みたいと思いながら、 知らず知らずのうちに年月は流れていた 苦笑 ... [続きを読む]

« 『地球が天国になる話』 斎藤一人 | トップページ | 由美かおるってやっぱりスゴイ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ