ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『かまわぬの手ぬぐい使い方手帖』 | トップページ | 映画 「ピンク・フロイド アンド シド・バレット ストーリー」 »

『私という病』 中村うさぎ

私という病
私という病
posted with amazlet on 06.11.26
中村 うさぎ
新潮社

 確かに、私は茨姫だ。ただし童話の茨姫は魔女の呪いによって眠らされ、城の周囲に茨を張り巡らせたのも件の魔女の仕業であるが、私の場合は、城に茨を張り巡らせたのも自分なら、城の奥で「もうひとりの私」を強制的に眠らせているのも自分自身なのだ。そう。私は「眠れる姫」であると同時に、姫に呪いをかけた「魔女」でもあるのだ。 (本文より抜粋)

 買い物依存症、美容整形、そしてついにデリヘル嬢体験まで、中村うさぎは何と率直に自分を表現してしまう人なのだろう?余りにもエスカレートしていく彼女の思考の根源を、自分でも分からずに右往左往していた彼女が、ついにその確信に近づいてきたようだ。

 中村うさぎは「劣等感」と戦い続けてきた。どうして自分が思い浮かべる理想像になれないのか?どうして自分は他人から認められないのか?どうして自分は美しくないのか?どうして?どうして?

 私はバカだから、体験を通してしか、物事を認識できない。体験もせずに理論だけで、隠蔽された現実をくまなく見渡す能力など、私にはないのである。だから、私はまず体験する。体験した後で、自分の肉体や心の声に耳を傾けつつ、その問題を考えてみる。それが、私のやり方だ。

 そんなところが中村うさぎの素晴らしい所なのだと思う。わたしも含めた世の中のほとんどの人は、実際にやってみないで結論を出してしまう。ほとんどの場合、何もせずに「無理だ」というか、「そのうちに」と言う。だから、身近な誰かがそれをあっさりやってしまうと、「運が良かった」などと露骨にイヤミを言う。あるいは「あの人だから」と別格化する。そして、それが自分を納得させるための詭弁だということには気付かない。

 人間は自分がイメージしたものになるという。逆に言えば、イメージできないものにはなれない。「お金持ちになりたい」とか、「美人になりたい」というような欲望は誰しも持っている。でも、その気持ちをストレートに実行する人はなかなかいない。

 そんな自分の気持ちに正直に生きている中村うさぎは、どんどん体験を重ね、自分を苦しめているものの実態を理解しつつある。今まで自分の敵と戦い続けてきたというのに、それがとんでもない勘違いだったということに気付いてきた。自分の足を引っ張っていたのが自分自身だったとは!

 この気付きは、実は彼女だけの問題ではなく、すべての人に当てはまることなのだと思う。自分で勝手に決めてしまっている限界。自分で勝手に諦めてしまった夢。自分で勝手に壊してしまった自分の世界。中村うさぎのようにあがくことこそが、自分は何者なのかを見出す唯一の方法なのかもしれない。

 わたしには中村うさぎほどの勇気はない。思ったことすべてをやってしまう行動力もない。でも、私の中にも彼女と同じ疑問が渦巻いている。それをクリアにする為には、動き出すしかない。とにかくやってみることの大事さを強く感じる。

 やらずに諦めてたまるか!

« 『かまわぬの手ぬぐい使い方手帖』 | トップページ | 映画 「ピンク・フロイド アンド シド・バレット ストーリー」 »

日本の作家 な行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/12838663

この記事へのトラックバック一覧です: 『私という病』 中村うさぎ:

» 美容整形とは [美容整形 キレイになるために]
こんにちは!突然のトラックバック失礼します。よろしければ美容整形について情報交換しませんか? [続きを読む]

« 『かまわぬの手ぬぐい使い方手帖』 | トップページ | 映画 「ピンク・フロイド アンド シド・バレット ストーリー」 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ