ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« タモリ倶楽部 「アナログ・レコード制作現場を見学」 | トップページ | Honda Racing THANKS DAY »

『Sweet Blue Age』

Sweet Blue Age
Sweet Blue Age
posted with amazlet on 06.11.21
有川 浩 角田 光代 坂木 司 桜庭 一樹
日向 蓬 森見 登美彦 三羽 省吾

角川書店

あの八月の、(角田光代)
 学生時代、サークルの仲間で撮った映画を見直してみようということになった。 10年以上経った今振り返ると、あの頃は恋愛のことばっかりだったような気がする。

クジラの彼(有川浩)
 合コンで知り合った彼は自衛官で潜水艦に乗っている。潜水艦の航海スケジュールは防衛機密なので、次はいつ会えるのかさえ分からない。

涙の匂い(日向蓬)
 お父さんの転勤で東北の田舎町に引っ越してきた一家四人。慣れない言葉、なれない暮らし、新しい環境に妹はすぐに慣れたけど、姉の理恵子はとけ込めずにいる。

ニート・ニート・ニート(三羽省吾)
 タカシは引越の準備をしていた。会社を辞めたので寮を出なければいけない。そんなところにレンチが現れて、「北海道へ行こう」という。

ホテルジューシー(坂木司)
 ヒロは夏休みのバイトとして、沖縄のホテルで働くことにした。

辻斬りのように(桜庭一樹)
 優奈は地元の小学校教師として働いている。25歳になって、何かが変わったような気がした。そうだ、遊ばなくっちゃと強く思うようになった。

夜は短し歩けよ乙女(森見登美彦)
 先輩の結婚式に出席した彼女は、二次会へは行かずに夜の街へと歩みを進めたのです。

 三羽さんの「ニート・ニート・ニート」のレンチがいいですねぇ!何にも考えないでテキトーに生きている内に、いろんなものから逃げなければならなくなったんだけど、一人で逃げるのは嫌だから友達を道連れにしちゃう!それも納得ずくじゃなくて、ほとんど拉致!

 「ホテルジューシー」の沖縄のホテルに登場する人達、みんなノホホンとしていていいなぁ!せっかくリゾートしにいってるんだから、そこで働いている人がアクセクしてたらいかんでしょ!総てがノンビリしているからこそリラックスできるんだろうなぁ!

« タモリ倶楽部 「アナログ・レコード制作現場を見学」 | トップページ | Honda Racing THANKS DAY »

日本の作家 アンソロジー」カテゴリの記事

コメント

こんにちは^^TBさせていだきました。
面白かったですね~。
どの作品も良かったです。
「クジラの彼」目的だったのですが、「ホテルジューシー」や「ニート・ニート・ニート」も良かったですね。
連動している作品もあったのが、尚良かったです^^

苗坊さん☆こんにちは
連動している本も読みたくなっちゃいますよね。
読みたい本リストがまた増えちゃいました!(#^.^#)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/12773831

この記事へのトラックバック一覧です: 『Sweet Blue Age』:

» Sweet Blue Age [苗坊の読書日記]
Sweet Blue Age できたてのセカイと、憂鬱なわたしたちの物語――。 有川浩、角田光代、坂木司、桜庭一樹、日向蓬、三羽省吾、森見登美彦。 いま、最も鮮烈な7人の書き手がおくる青春文学ベスト・トラック集。 はい〜アンソロジーです^^ 有川浩さんの「地の底」を....... [続きを読む]

« タモリ倶楽部 「アナログ・レコード制作現場を見学」 | トップページ | Honda Racing THANKS DAY »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ