ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『スピードハックス』 大橋悦夫、佐々木正悟 | トップページ | ライブ・フロム・アビーロード »

『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 リリー・フランキー

発売元: 扶桑社
価格: ¥ 1,575
発売日: 2005/06/28

 まずは一言、リリーさんのオカンはエライ!、凄い!

 オトンはあんな人だし、オカンは辛いことがたくさんあった。いつも懸命に働いて、いつも家族の事を考えていた。でも、それだけじゃない、とってもお茶目だし、心優しいし、お節介だし、時には無謀だし。こんなオカンが産んだ子だもの、変な人になるわけないよね。

 ほぼ同じ時代を生きてきたわたしにとって、この物語の出来事はどれも懐かしい!今から考えれば何にもない時代だったけど、夢だけはいっぱいあった。見た事がないもの、聞いた事がないもの、何だか分からないけれど、きっといいことがあると信じ続けていたんだよ、あの頃は。

 リリーさんはオカンに親孝行できなかったって思ってたかもしれないけど、そんな心配はいらないよ。オカンはみんなの為に働くのが好きだったんだから。リリーさんがいなくったって、友達はみんなオカンにご飯を食べさせてもらってたじゃない。みんなオカンの子供になんだよね。みんなに愛されたオカンはとっても幸せだったんだろうなぁ。

 しょうもないオトンだけど、最後に言ってた言葉がとっても印象的だった。「どんなに分かりきった事でも言葉にしなければいけない。思っているだけでは相手には伝わらないんだ!」

 ハワイへ行ってはしゃいでるオカン、バーゲンでしか服を買わないオカン、中条きよしの「うそ」のレコードを聞いているオカン、東京タワーを見ているオカン。いつもオカンは魅力的でした!

688冊目

« 『スピードハックス』 大橋悦夫、佐々木正悟 | トップページ | ライブ・フロム・アビーロード »

日本の作家 やらわ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/14400243

この記事へのトラックバック一覧です: 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 リリー・フランキー:

« 『スピードハックス』 大橋悦夫、佐々木正悟 | トップページ | ライブ・フロム・アビーロード »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ