ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『洗脳原論』 苫米地英人 | トップページ | 『真鶴』 川上弘美 »

『日本鉄道地図 どんな路線?なぜ生まれた?』 インターナショナル・ワークス

日本鉄道地図   どんな路線?なぜ生まれた?
インターナショナルワークス
幻冬舎

 普段、何の気なしに乗っている電車だけど、知らない事っていろいろあるもんです。

 一周しているはずなのに山手線は環状線ではない!?

 「花の東京のど真ん中、ぐるり回るは山手線♪」なんて歌もあったくらいで、山手線が環状線だと信じている人がほとんどですよね。でも、事実は違うんです!山手線の西側、田端~新宿、代々木~品川の20.6kmだけが山手線なんです!

 じゃあ、他はどうなのよ!ですよね。では、解説いたしましょう。田端~神田は東北本線、東京~品川は東海道本線なのです。おまけに、神田~東京と、新宿~代々木は中央本線です。つまり、山手線は本当の山手線を含めたいくつかの路線が集まった路線で、一般に呼ぶ「山手線」という名称はあくまでも俗称に過ぎないんですって!

 「京浜東北線」というのも俗称だし、中央線と総武線は繋がっているけれど別の路線だし、常磐線の各駅停車と快速ではまったく路線が違うし、「尾久駅」(駅名は"おく"で、地名は"おぐ")は東北本線しか止まらないし、いやぁ難しいです!

 そうそう、どの駅で乗り換えるのかも難しいですねぇ。銀座のように、同じ駅名でほぼ同じ地点に各線が集合している場合はいいんですけど、駅同士が離れていたり、駅名が違っていたり、ホームを横切らなければならないところもあるし、一旦改札を出て乗り換えるところもあるし、どの駅で乗り換えるのか?で、いつも頭を悩ませてしまいます。

 なんて言いながらも、そういうことの一つ一つに興味を持ってしまうと、これが楽しいんですよね。新しい線ができる度に、新しい発見や新しい失敗が増えます。(*^_^*)

 来年開業予定の地下鉄13号線(副都心線)って、平成24年に東急東横線と繋がるんですってね。それに合わせて渋谷駅もかなり変わるらしいです。5年後なんてあっという間です。

677冊目

« 『洗脳原論』 苫米地英人 | トップページ | 『真鶴』 川上弘美 »

旅・散歩・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/14144745

この記事へのトラックバック一覧です: 『日本鉄道地図 どんな路線?なぜ生まれた?』 インターナショナル・ワークス:

« 『洗脳原論』 苫米地英人 | トップページ | 『真鶴』 川上弘美 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ