ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« socialtunes | トップページ | 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 リリー・フランキー »

『スピードハックス』 大橋悦夫、佐々木正悟

スピードハックス
仕事のスピードをいきなり3倍にする技術

  • 大橋悦夫、佐々木正悟
  • 日本実業出版社
  • 1575円

livedoor BOOKS
書誌データ / 書評を書く

 この本は 書評サイト 「本が好き!」 より提供して頂きました。どうもありがとうございました。 

 定時で帰ろうとする人は、「定時までしか時間がない」と考えているからこそスピードを上げて仕事を片付けようとしているのに対し、毎日残業している人は、「自分には時間がたっぷりある」と錯覚していまうがゆえに、意図せずして先のような行動パターンになってしまうのです。(本文より抜粋)

 いくらでも時間があると思っていると「後でいいや」と思いがちで、結局締切間際になって焦ることになっちゃうんですよね。その締切の日の事を考えてみると、案外短時間で片付けているんですよ。つまり「時間がない方が仕事ははかどる」ってことです。

 自分の仕事が遅いということは、自分一人の問題だけではありません。自分が遅れたばっかりに、次の人の作業時間を減らしてしまったり、誰かの仕事が終わらないばかりに部員全員が帰れなくなってしまったり。時間が無駄に費やされてしまいます。(+_+)

 時間を無駄にしてしまう原因としてまず考えられるのが、「自分が何をすべきか把握できていない」ということです。どうすればいいのか?と考えている間に時間ばかりが過ぎていくのです。何をすべきかを書き出し、その手順を考え、分からない部分をどうするかを考えれば、闇雲に仕事を進めるよりは遥かに効率化できます。

 次に問題なのが「人に邪魔される」ということです。直接やってくる人だけではありません。突然かかってくる電話に時間を取られてしまうことって良くあります。そして一番問題なのはメールなんです。来たメールを一々チェックしていたら集中力をそがれてしまうし、メールに貼られたアドレスから無駄なネットサーフィンをしてしまって、気が付いたら1時間も経っていたなんてことにも。

 この本の中には、そんな無駄な時間をいかに減らすのか?に役立つ、「あっ、そういう手があったか!」と関心してしまうアイデアが溢れています。この本の元となっている シゴタノ! も是非訪れてみてくださいね。

 大橋さんが書かれた 手帳ブログのススメ と、佐々木さんが書かれた ロボット心理学 もスピードハックスの参考になりますよ!

「手帳ブログ」のススメ
発売元: 翔泳社
価格: ¥ 1,449
発売日: 2006/04/20
「ロボット」心理学
発売元: 文芸社
価格: ¥ 1,365
発売日: 2005/04

687冊目

« socialtunes | トップページ | 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 リリー・フランキー »

Life Hacks・Web」カテゴリの記事

本が好き!・Review Plus」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/14373417

この記事へのトラックバック一覧です: 『スピードハックス』 大橋悦夫、佐々木正悟:

» 『スピードハックス 仕事のスピードをいきなり3倍にする技術』大橋 悦夫, 佐々木 正悟(日本実業出版社) [本のある生活]
早く家に帰られないのはあなたのせいかもしれない。あなたの仕事を充実させ、かつ家族や友人との時間を増やしてくれる1冊をご紹介。 [続きを読む]

« socialtunes | トップページ | 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 リリー・フランキー »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ