ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『拝啓 美しき人へ』 | トップページ | 『手づくりする手紙』 木下綾乃 »

『ダーティ・ワーク』 絲山秋子

ダーティ・ワーク
ダーティ・ワーク
posted with amazlet at 07.06.28
絲山 秋子
集英社

 ストーンズ好きって、何だかワルそうでいいなぁ。おまけにキースのファンだったりしたら、そいつは間違いなくカッコイイはず!!わたしは絶対にそう信じているんです。

 この本の最初の物語、worried about you に登場する熊井も、彼女がいつも心の隅で思い続けているTTもストーンズ好き!こんなイントロから始まるんだから、この本は絶対に面白いに決まってる!そう信じて読み始めたら、アッという間に読み終わってしまいました。

 絲山さんが描く女って、みんな「男前」なんですよ!女らしいネチネチした感じがなくって、キッパリとした性格の人が多いんです。女友達から「あんたが男だったら結婚してもいいよ!」と言われちゃうような女。そういう人って、間違いなくカッコイイですよ。(そう言われた本人は嬉しくないかもしれないけど)

 世間では、「きれいな服を着て町を歩いているおねえさん」のことを女の人と呼ぶらしいけど、そうじゃない女だってたくさんいるんだから!おしゃれでもない、きれい好きでもない、気が利く訳じゃない、若くもない、ましてや美人でもない。だけど女であることに変わりはないんだから!

 女であることを武器に生きる女も、女であることを無視して生きる女も、どちらも必死に生きています。男前な女も、ただのオバサンも、綺麗なおねえさんも、人には見せられないものを隠し持っているのです。その秘密を守るためにどんな努力をしているのか、誰も本当のことは言いません。

 この本の中で、7つの物語がバラバラのフリをして現れ、ちょっとずつシンクロして物語が進行していきます。みんな何かを隠して生きているけれど、実は隠していると思っているのは本人だけで、結構バレてるんですよ!つまり、そんなこと気にしなくていいってこと!人生を難しくしているのは、結局は自分自身ってことなんですね。

Dirty Work

 ダーティ・ワークって、
 ハーレム・シャッフルが
 入ってるアルバムでしたよね。

  728冊目

 トラックバック先
 粋な提案
 やぎっちょのベストブックde幸せ読書!!
 本のある生活

« 『拝啓 美しき人へ』 | トップページ | 『手づくりする手紙』 木下綾乃 »

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
ごぶさたしてました~。仕事に追われてて…。
ストーンズについてもくわしいんですね~。
洋楽はビートルズの一部しか知らないので、
各サブタイトルの意味が、イマイチつかめなくって残念でした。
熊井が男前って思ってたのが私だけじゃなくて安心しました。
おぉ、バレてるんですね。じゃあ、開けっぴろげでって、それも違いますね(笑)。
トラバさせていただきます。届きますよ…ね。

藍色さん☆こんばんは
熊井は絶対に男前ですよ~!
トラバ頂きましたぁ!ありがとうございます。m(__)m

確かに隠していても、ばればれというか、
にじみ出てしまうものはありますよね。
でも、だからこそ魅力的な気もします。
熊井が秘めていた思いは、熊井が一見男前だからこそいっそう切なく思えました。

juneさん☆こんばんは
熊井の一人の人を思い続ける姿は切なかったですね。
色んな思いを胸に秘めて生きているからこそ、いい音楽を作り出せるんだろうなぁ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/15579246

この記事へのトラックバック一覧です: 『ダーティ・ワーク』 絲山秋子:

» ダーティ・ワーク 絲山秋子 [粋な提案]
装画は長崎訓子。装丁は木村裕治・後藤洋介(木村デザイン事務所)。 「小説すばる」2005年10月号〜翌年10月号隔月掲載の短編集。ネタバレあり。 worried about you:ギタリストの熊井望は自分をもてあます。想い... [続きを読む]

» 「ダーティ・ワーク」絲山秋子 [本のある生活]
ダーティ・ワーク 絲山さんはもともと大好きなんですが、これもすごくよかったです。初の連作短編群像劇ということで、作品ごとのリンクも楽しみだったのですが、さすがうまいです。絶妙です。男前な彼女たちと、ちょっと頼りない男の人たちのお話ですが、今回も女の人は....... [続きを読む]

« 『拝啓 美しき人へ』 | トップページ | 『手づくりする手紙』 木下綾乃 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ