ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『タータンチェックの文化史』 奥田実紀 | トップページ | 夏の読書 »

『点と線』 松本清張

点と線 (新潮文庫)
点と線 (新潮文庫)
posted with amazlet at 07.07.12
松本 清張
新潮社

 毎年この時期になると発表される 新潮文庫の100冊 。毎年少しずつ変わるリストを見るたびに、夏だなぁって思うんです。角川文庫の 夏の百冊 、集英社文庫の ナツイチ も夏休み向けにリストを出してますが、新潮のリストが一番硬派な感じがします。

 この新潮文庫の100冊リストに「点と線」はずっと載り続けているんです。この本に登場する時刻表を使ったトリックは余りにも有名で、「いつか読まなくっちゃ!」と思いつつ、何故か今まで読んだことがなかったのです。そして、読んでみた感想は一言、「すごく面白い!」。何で今まで読まなかったんだろう?

 舞台は50年前の日本。トリックとは別に、当時の様子がとても面白く感じるんです。東京~博多間を特急「あさかぜ」で移動すると何と1日半!北海道へ行くには青函連絡船を使い、急ぎの連絡には電報を打っていたんです!電話が普及するのはこれ以降だったんですね。

 この小説は「旅」という交通公社から出されていた雑誌に1年間連載されていたそうです。この本を読んで、時刻表や旅に興味を持つ人がさぞかし増えたのでしょうね。今ほど旅行が簡単にできる時代じゃなかっただけに、かなり衝撃的な物語として受け止められたんだろうなぁ!

 やっぱり名作と呼ばれるものは、それだけのことがあるんだなぁと改めて感心してしまいました。この夏は、名作を追っかけてみようかなぁ!

 図書館で借りたこの本は、光文社創業60周年記念出版で初版を忠実に復刻したものでした。このレトロな表紙がミステリー感をうまく表現しているような気がします。この復刻シリーズを追ってみようかなぁ。

736冊目

« 『タータンチェックの文化史』 奥田実紀 | トップページ | 夏の読書 »

日本の作家 ま行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/15740042

この記事へのトラックバック一覧です: 『点と線』 松本清張:

« 『タータンチェックの文化史』 奥田実紀 | トップページ | 夏の読書 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ