ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『差がつく読書』 樋口裕一 | トップページ | 『未来形の読書術』 石原千秋 »

『長くつ下のピッピ』 アストリッド・リンドグレーン

長くつ下のピッピ
長くつ下のピッピ
posted with amazlet at 07.08.15
アストリッド・リンドグレーン 大塚 勇三
岩波書店

  「ほんぶろ書店にお料理本コーナーがあったら」 企画に、わたしも参加させてくださ~い!

 わたしのオススメは「長くつ下のピッピ」です。この本は小学校の3年生の時に初めて読んで、もの凄く好きになって、学校の図書館にあったアストリッド・リンドグレーンの本を片っ端から読みました!(やかまし村とか、カッレ君とかね)

 ピッピは元気なというか、腕白な女の子です。だからやることなすことダイナミックなんです。ジンジャークッキーを作るときだって、普通の人がやるように、テーブルの上でなんかで作りません。床一面にクッキーの生地を伸ばして、クッキー型でポンポン抜いていくんです!?

 その作り方に、隣の家の子たちはビックリ!読んでいたわたしもビックリ!でした。そしてジンジャークッキーってどんな味がするんだろう?って思ってました。(この本を読んだ頃は日本にはジンジャークッキーってなかったんです)

 それとね、おやつにクッキーとお茶を出されると、ピッピはクッキーをお茶に浸してから食べてたんです。その食べ方も当時のわたしには衝撃的で、カッコいい!って思ったものです。

 毎日学校のプールと図書館に通ってた、小学生時代の夏休み。セミ取り、スイカ割り、海水浴、冷そうめん、盆踊り、花火大会、かき氷、夜になってから校庭で見た映画大会(たぶん若大将シリーズ)、ピッピの事を考えたら、こんな楽しい思い出が甦ってきました。

752冊目

« 『差がつく読書』 樋口裕一 | トップページ | 『未来形の読書術』 石原千秋 »

海外 小説」カテゴリの記事

コメント

Rokoさんこんにちは♪
TB企画に参加してくださってありがとうございました♪
子供向けの本なんですねぇ~。でもよく考えたら小学校の図書室にある本に、結構お料理関係入ってるかも知れませんね。
ほんぶろの記事も更新しましたのでご覧ください★

やぎっちょさん☆こんばんは
この企画いいですねぇ!
お料理が出てくる小説って色々ありますよね。
また、面白い本を想い出したらTBしますね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/16128276

この記事へのトラックバック一覧です: 『長くつ下のピッピ』 アストリッド・リンドグレーン:

« 『差がつく読書』 樋口裕一 | トップページ | 『未来形の読書術』 石原千秋 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ