ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 同僚の送別会 | トップページ | 『東京おさぼりマップ - リフレッシュスポット230件徹底ガイド』 »

『鹿男あをによし』 万城目学

鹿男あをによし
鹿男あをによし
posted with amazlet at 07.09.15
万城目 学
幻冬舎

 産休の先生の代理で奈良の女子校に来てしまった主人公。赴任先のすぐそばの奈良公園で鹿に話しかけられちゃったのです。最初は「オレって神経衰弱?」と思ったけれど、どうも違うようです。次に会ったとき、鹿にこう言われてしまいました。「運び屋になれ!」

 奈良の鹿、京都の狐、大阪の鼠、歴史をふまえつつ展開されるストーリーの、とんでもなさがとってもいいです!

 鹿が何故話しかけてくるようになったかの謎解きの中で登場する、干支の話だとか、主人公のお母さんが信心している鹿島神宮の話も面白かったです。

 鹿が語る「神様なんていいかげんなものだし、人間も文字として書いたものしか覚えてないし、だから我々が大変な思いをしている」という言葉が、何だか心に残りました。そういう考え方って大事だなぁと思うのです。

 古い都を舞台にしたファンタジーで、おまけにマヌケさ満開で、浮世のイヤなことを忘れるにはピッタリですよ~!

768冊目

トラックバック先
しんちゃんの買い物帳
じゅずじの旦那
おいしい本箱Diary
コンパス・ローズ
苗坊の読書日記
心に残る本

« 同僚の送別会 | トップページ | 『東京おさぼりマップ - リフレッシュスポット230件徹底ガイド』 »

日本の作家 ま行」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
なかなか答えにだどりつかなくて、じれったい思いもしましたけど、そこは「うまさ!」。
どんどん先を急がされ、策略?にまんまと乗せられた気分でした(笑

それにしても「マイシカ」…やっぱり、のってみたいものです!

juzjiさん☆こんばんは
マイシカいいなぁって思うけど、体重制限がありそうで...(^_^;
次作は大阪ですかね?

こんばんは!!TBとコメントの日にちがずれてごめんなさいm(_ _)m マイシカ、乗ってみたいけど、鹿って思ったより恐いですもんね・・鹿せんべい攻撃は、実際にされるとちょっと腰が引けます(笑)

ERIさん☆こんばんは
鹿って華奢だし、動きが早すぎて乗るのは難しそうだけど、やっぱりマイシカいいなぁ!

Rokoさん、こんにちは!
日本の一大事が掛かっているというのに、なんだかとってもおマヌケな感じが笑えますね。
マイシカという発想も素敵!
一番の興味は鹿せんべいです。食して鹿気分を味わってみたい、けど鹿に変身はご勘弁(笑)

雪芽さん☆こんばんは
鹿に命令されているって事自体がマヌケですもんね(*^_^*)
大事な使命を果たさなきゃいけないのにねぇ!!

こんばんわ。
TBさせていただきました。
予約していて、ようやく読めました。
「鴨川ホルモー」を挫折してしまったので、読めるか不安だったんですが、こちらは一気読みでした。
面白かったですね。
奈良へ行って神社めぐりしたくなりました。
あと、しかせんべいを買って鹿にあげたいとも思いました。
1枚だけ残しておいて、食べてみたいとも思いました^^;
最後が可愛らしかったですね。とても好きな終わり方です。
きゅんとしちゃいました。
今更ながらドラマを観たいと思いました。

苗坊さん☆おはようございます
奈良が違った風景に感じられる物語でした。
修学旅行以来行ったことがないけど、ちょっと興味が沸いてきました。
これが気に入ったなら、「ホルモー」の再読をお勧めしちゃいます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/16452517

この記事へのトラックバック一覧です: 『鹿男あをによし』 万城目学:

» 「鹿男あをによし」万城目学 [しんちゃんの買い物帳]
鹿男あをによし万城目 学 (2007/04)幻冬舎 この商品の詳細を見る 大学の研究室に籍を置くおれに、ある日教授から話しがあると呼び出された。 二学期から年内いっぱいまで高校教師をしないか、という話だった。 おれは奈良... [続きを読む]

» 【鹿男あをによし 】 万城目学 著 [じゅずじの旦那]
1800年のロマン「ス」・・・!? 「鴨川ホルモー」で笑わせてもらってから、早1年。 ようやく手にすることができました [:拍手:] 神経衰弱と断じられ、大学の研究室を追われた28歳の「おれ」。失意の彼は、教授の勧めに従って2学期限定で奈良の女子高に赴任する。ほんの気休め、のはずだった。英気を養って研究室に戻る、はずだった。あいつが、渋みをきかせた中年男の声で話しかけてくるまでは……。 慣れない土地柄、生意気な女子高生、得体の知れない同僚、さらに鹿…そう、鹿がとんでもないことをしてく... [続きを読む]

» 鹿男、あをによし 万城目学 幻冬社  [おいしい本箱Diary]
「あをによし 奈良の都は 咲く花の 薫ふがごとく 今盛りなり」 [続きを読む]

» 鹿男あをによし 万城目学 [苗坊の読書日記]
鹿男あをによし オススメ! 「さあ、神無月だ――出番だよ、先生」 神経衰弱と断じられ、大学の研究室を追われた28歳の「おれ」。 失意の彼は、教授の勧めに従って2学期限定で奈良の女子高に赴任する。 ほんの気休め、のはずだった。 英気を養って研究室に戻る、は....... [続きを読む]

» 「鹿男あをによし」万城目学 [心に残る本]
奈良が舞台ということで、万城目学の「鹿男あをによし」を読みました。 「鴨川ホルモー」では、子鬼をあやつって戦わせるという競技ホルモー... [続きを読む]

« 同僚の送別会 | トップページ | 『東京おさぼりマップ - リフレッシュスポット230件徹底ガイド』 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ