ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『心がぽかぽかするニュース HAPPY NEWS 2006』 日本新聞協会 | トップページ | ウス茶糖 »

『リーダーシップの旅 見えないものを見る』 野田智義 金井壽宏

リーダーシップの旅
野田 智義 金井 壽宏
光文社

 マネジメントとリーダーシップは異なる。マネジメントは、複雑生に対処し、組織の安定性と持続性を維持するために機能する。これに対し、リーダーシップは創造と変革を扱う。「見えないもの」を見て、その実現に向けて人々の価値観や感情に訴え、彼らの共感を得て、自発的な協働を促す。(本文より)

 リーダーシップといえば、大勢の人たちを引き連れて動かす力だと思っている人が多い。確かにリーダーにはそういう面もある。でもそれだけだったらマネージャーの仕事の範疇でしかない。リーダーとはもう一歩進んで、次の段階へ進もうとする人のことだ。

 次の段階へ進もうとせずに、現状維持を良しとしている人たちは、みな口を揃えてこう言う。「忙しくて、次のことを考えるヒマがない」「仕事以外のことなんて考える余裕がない」要するに忙しいと言うのです。

 その忙しさの原因は何なのでしょう?その忙しさはどうにもならないものなのでしょうか?アクティブ・ノンアクション(不毛な忙しさ)にはまってませんか?本当にあなたは忙しいのですか?忙しいという言い訳が気に入ってませんか?

 どんな仕事をするのも、どんな人生を選ぶのも、それは自分で決めることです。誰かに勧められたとしても、それを実行するのは自分なんだから、誰かのセイだなんて言い訳はできないのです。今の自分のいる場所は、自分が望んだ場所なのです。

 「いや、そんなはずはない」と思っているかもしれないけれど、それは現実を無視しているだけ。自分の人生を誰かが決めているなんてことは無いんです。今自分が置かれている立場は、誰のせいでもなく自分の選択結果なのです。

 「夢なんか実現しないと言う人もいるが、実は夢しか実現しない。

 「自分はこんな事をしたい」という意志を持って突き進まない限り、流されてしまいます。会社だの、家庭だのという大きな流れに載ってしまえば、何も考えなくても生きていけます。でも自分以外の力で舵取りされる人生なんて、楽しいものなのでしょうか?

 キャリアとは「たった一回限りの自分の人生を運ぶもの」

 自分が自分らしく生きるのに必要なのは、「自分の意志を持つ」ということに尽きるような気がします。誰かに言われたからやるのではなく、ハヤリだからやるのではなく、自分がやりたいからやる。その中からしか、真のリーダーシップは産まれないのだと、この本は言っているように思えます。

764冊目

« 『心がぽかぽかするニュース HAPPY NEWS 2006』 日本新聞協会 | トップページ | ウス茶糖 »

新書」カテゴリの記事

ビジネス・経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/16366231

この記事へのトラックバック一覧です: 『リーダーシップの旅 見えないものを見る』 野田智義 金井壽宏:

« 『心がぽかぽかするニュース HAPPY NEWS 2006』 日本新聞協会 | トップページ | ウス茶糖 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ