ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 「DOCUMENTARY FILM -和本」 完成披露試写会 | トップページ | 『キリスト教は邪教です!』 フリードリッヒ・ニーチェ »

『家日和』 奥田英朗

家日和
家日和
posted with amazlet at 07.10.31
奥田 英朗
集英社

サニーデイ
 ネットオークションにはまった紀子さん。品物が売れるごとに、何だか不思議な充実感を感じるようになりました。売上げで好きなものも変えるようになったし、毎日が充実してるなぁって感じるようになったのです。

ここが青山
 裕輔さんが勤めていた会社が突然倒産しました。奥さんにどうしよう?と相談したら、彼女は次の日から前の職場に復帰してしまいました。そこで彼は家事をすることになったのですが、案外家事って楽しいジャンと思うようになったのです。

家においでよ
 奥さんが家から出ていってしまって、一人残された正春さん。彼女の荷物が無くなったら、妙に部屋がガランとしてしまって、家具を揃えなくっちゃと買い物に出かけました。

グレープフルーツモンスター
 専業主婦の弘子さんは、在宅で入力の内職をしています。発注元の会社が名簿を届けてくるのですが、今日やって来たのは、いつもと違う営業マンでした。

夫とカーテン
 夫の栄一さんが、突然カーテン屋を始めると言い出しました。彼は優秀な営業マンなのだけれど、どうも一つの会社に長くいられないのです。

妻と玄米御飯
 康夫さんの奥さんはロハスに夢中です。御飯は玄米だし、無農薬野菜やエコ洗剤しか買わなくなりました。康夫さんや子供たちがトンカツやハンバーグを食べたいと言っても、嫌な顔をされてしまいます。

 何かにはまるって、不思議な体験です。どうしてこんなに夢中なんだろう?って、自分でも訳が分からなくなるんですよね。誰も止めてくれないと(止められるとかえってムキになるかも?)どこまでも突き進んでしまって、「ここはどこ?わたしは誰?」みたいな状態になることってありませんか?

 この本に登場するのは、そういう「はまった」人達です。はまる対象は、ネットオークションだったり、自然食だったり、決して悪い事じゃないんですけど、はたから見たら結構迷惑かも?なことだったりしてます。(^_^;

 本人が好きなだけならいいんですけど、家族や友人まで巻き込もうとする人っているでしょ。タダ奨めるだけならいいけど、強要してくる人って困るんです。「勝手にやってれば!」と言える相手ならいいけれど、逆に「あなた達の為なの!」なんて恩着せがましい人には参っちゃうんだなぁ!

 それにしても奥田さんって独身だったはずなのに、どうしてこんなに奥様方の生態に詳しいんでしょうか?

787冊目

トラックバック先
☆★☆また楽しからずや!★☆★
本読み日記
東京図書館制覇!Blog版
のほ本

« 「DOCUMENTARY FILM -和本」 完成披露試写会 | トップページ | 『キリスト教は邪教です!』 フリードリッヒ・ニーチェ »

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

コメント

はじめまして♪
つたまるといいます(* ̄∇ ̄*)

しんちゃんとこから来ました。
以前、しんちゃんの『ラッシュライフ』の記事で、
Rokoさんが私に
「是非読んでくださーい」と声かけてくれたこと
覚えてらっしゃいますか??


読みましたよー★
このブログの該当記事にトラバいたしますね♪


さてさて、
奥田さん。
まだこの作品は読んでないんですが、
不思議な作者さんですよね~。
老若男女、どんな主人公でもシッカリ書ける♪
『ガール』には嵌ってしまいましたよ★
嵌ったついでに、
この本にも嵌ろうかな??
( ̄▽ ̄)σ

今後とも、よろしくお願いしまーす♪
m(。-_-。)m

つたまるさん☆始めまして
奥田さんの目の付け所はいつも面白いですね。
わたしは伊良部先生シリーズしか読んだことがなかったのですが、「ガール」も読んでみよかな?
これからも、よろしくお願いします。m(_ _)m

Rokoさん、こんばんは。
誰でも何かに嵌ることはあるけど
そして私も「読書」に嵌ってることはわかってるけど
物事には限度がありますよね。

奥田さんって独身なんですか???
どうしてこんなに女の人の事がわかるんでしょうね。

ななさん☆こんばんは
奥田さんって、女性心理がホントによく分かってますよね。
チョット怖いくらい!
だから独身なのかしらん?

Rokoさん、こんばんは。
まさにブログに、はまってます。
毎晩寝るのが遅いので、
ムキにならないようにしなくちゃです。
奥田さんが奥様方の生態に詳しいのは、
ず~っと家にいるからかも??。

藍色さん☆おはようございます
そうかぁ、家にいる時間が長いから奥様方の気持ちがよく分かるのかぁ!
ふふふ、そう考えると妙に可笑しいですね。(#^.^#)

わたしもブログにはまってます。(^^ゞ

夫婦ってだけじゃなく、何かに「はまった」人たちでしたね、そういえば。
私も読書にはまってますが、他の人におススメするのって難しいなぁと思う今日この頃(^_^;)
それにしても、奥田さんが独身だということに衝撃を受けました~。

エビノートさん☆こんばんは
何かにハマるっていう感覚は不思議ですよね。
何だか知らないけれど、どうにも止まらないって感じは、ハマってない人にはどうにも説明不可能です。
冷静な人から見れば、単なるオバカなのかなぁ?

★Rokoさん こんばんは。
ロハスとかは、なんだか他の家庭に
ありそうですよね。
というか、奥田さんの実話っぽい(笑)
伊良部シリーズもそうですが、単純に
楽しめる作品はけっこう好きです。
奥田さんの女性目線はすごいですよね。
なんでだろ~(笑)

naryさん☆こんばんは
ロハスとか健康にいいとかっていうことで取り入れた食事や生活習慣が元で、家庭内抗争が勃発しているお宅はかなりありそうです。(^_^;
奥田さんの目の付け所は、ホントに凄いですよね!

Rokoさん こんばんは。
↑のコメントnaryとなってますが
私です。す...すみません(汗)
しかもトラバしていただいて
こちらからもトラバしょうとした
のですが、反映されないようです。
本当に申し訳ありません。

naruさん☆おやまぁ!
ココログは時々トラバがおかしくなるので、気にしないでくださいね。
また機会があったらトラバしてくださいね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/16937803

この記事へのトラックバック一覧です: 『家日和』 奥田英朗:

» 「家日和」奥田英朗 [AOCHAN-Blog]
タイトル:家日和 著者  :奥田英朗 出版社 :集英社 読書期間:2007/08/06 - 2007/08/07 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] ネットオークションにはまる専業主婦。会社が倒産し、主夫となる営業マン。夫と妻。ちょっとずれていて、でも愛情がないわけでなく…。ずっと外にいた夫の王国か。ずっと家にいた妻の城か。ビタースウィートな「在宅」小説。 「サニーデイ」「ここが青山」「家においでよ」「グレープフルーツ・モンスター」「夫と... [続きを読む]

» 「家日和」奥田英朗 [ナナメモ]
家日和 奥田 英朗 6つの短編。30代後半から40代前半の夫だったり妻だったり。どこにでもありそうな家庭の話をほんわか、ちょっぴり辛口に書いてる。 面白かったです。それぞれのラストもきっちりと終わらせる訳じゃなく、この先さてさてどうなるんだろう?って読んでいる私に想像させる。色んな所で「そうそう」「わかるわかる」って頷いてみたりして。 ... [続きを読む]

» 家日和 奥田英朗 [粋な提案]
装丁は大久保伸子。写真は本城直季。 「小説すばる」2004年9月号から2006年12月号までの不定期掲載に加筆修正した短編集。 1997年「ウランバーナの森」で作家デビュー。02年「邪魔」で大薮春彦賞、04年「空中... [続きを読む]

» 家日和 〔奥田 英朗〕 [まったり読書日記]
家日和奥田 英朗 集英社 2007-04売り上げランキング : 277おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ ネットオークションにはまる専業主婦。 会社が倒産し、主夫となる営業マン。 夫と妻。 ちょっとずれていて、でも愛情がないわけでなく…。 ずっと外にい....... [続きを読む]

» 奥田英朗『家日和』 [待ち合わせは本屋さんで]
ビター&スウィートな「在宅」小説。 6編の短編集。 [続きを読む]

» 『家日和』  奥田 英朗  集英社 [みかんのReading Diary♪]
家日和 ネットオークションにはまる専業主婦。会社が倒産し、主夫となる営業マン。夫と妻。ちょっとずれていて、でも愛情がないわけでなく…。ずっと外にいた夫の王国か。ずっと家にいた妻の城か。ビタースウィートな「在宅」小説。 6編の短編集。在宅小説って何?と思ったら、主人公が日常の生活(家)で起こる事を描いた小説。短編ながらどれも面白い。 「ここが青山」 会社が倒産し、主夫になることにした主人公。代わりに妻が働きに出始めたが…。 暗い話と思ったらそうではない。むしろエン... [続きを読む]

« 「DOCUMENTARY FILM -和本」 完成披露試写会 | トップページ | 『キリスト教は邪教です!』 フリードリッヒ・ニーチェ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ