ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『日本橋バビロン』 小林信彦 | トップページ | 『サクリファイス』 近藤史恵 »

映画 「once ダブリンの街角で」

ワンス ダブリンの街角で オリジナル・サウンドトラック

 1度だけ訪れたことがある街、ダブリン。そこは、とても遠いところだったけれど、とても暖かい街でした。街中にストリート・ミュージシャンや絵を描く人がたくさんいて、それぞれ自分らしさをアピールしていた、あの街。

 この映画の最初のシーンで、主人公の男性がギターを弾いて歌っていた。あの石畳は間違いなくグラフトン・ストリート!あの通りにあったパン屋さんで美味しいパンを食べたなぁ。2階建てバスも、オコンネル通りの銅像も、エア・リンガスの緑色のロゴも懐かしい!

 主人公の男性とチェコからの移民の女性がふとしたキッカケで出会い、互いに惹かれあっていくのだけれど、なかなかその距離は縮まっていきません。でも2人で音楽を作っていくに連れ、少しずつお互いのことが理解できてきて、今すぐに進展はなさそうだけど、いつか又一緒に音楽をやれる日が来るんじゃないかな?とラストで期待してしまいました。

Philip_lynott_dublin_statue_2

 デモテープを作るために、声をかけたミュージシャン達が、「オレ達はシン・リジィのコピーしかやらないよ!」と言ったのには大笑い!でもこのギャグが分かる人は日本には余りいないんだろうなぁ。このシーンで、彼等の後ろに シン・リジィのフィル・ライノットの銅像が立っていたのが印象的でした。

 ネットでこの映画のことを調べていたら、主人公を演じていたグレン・ハンサードは、ザ・コミットメンツに出演していたことを発見!

ザ・コミットメンツ

 あれもいい映画でしたねぇ。

 アイルランドは、かつて移民を沢山出した国でした。でも今は経済状況がかなり良くなり、逆に移民を受け入れる側の国になったんです。

 アイルランドといえば、U2、エンヤ、リバーダンス、ギネスビールくらいしか日本では知られていませんけど、こういう映画を通して興味を持ってくれる人が増えるといいなぁと思います。

 この映画のHPは → こちら

 予告編見てね↓

製作年 2006年
製作国 アイルランド
原題 ONCE
時間 87分
監督 ジョン・カーニー

« 『日本橋バビロン』 小林信彦 | トップページ | 『サクリファイス』 近藤史恵 »

音楽」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

言葉がわかるとか、意味がどうだとか、そんなのカンケイネェ(爆)
アイルランドの人の音楽ってストレートに伝わります。
音の力ってすごい!有名無名もカンケイねぇ。

ゆみりんこさん☆そうそう!(^^)v
音楽に言葉は必要ないし、それを誰が作ったとか、誰が演奏しているかなんてのも関係ないですよね!
アイルランドの音楽は、いつもわたしの心を掴んで放しません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/17093762

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 「once ダブリンの街角で」:

« 『日本橋バビロン』 小林信彦 | トップページ | 『サクリファイス』 近藤史恵 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ