ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『暮らしの手帖 2007年12月号』 | トップページ | 『午前4時、東京で会いますか? - パリ・東京往復書簡』 シャンサ、リシャール・コラス »

『恋する水門 - FLOODGATES』 佐藤淳一

恋する水門―FLOODGATES
恋する水門 - FLOODGATES
posted with amazlet at 07.12.11
佐藤 淳一
ビー・エヌ・エヌ新社

 わたしはずっと川のそばに住んでいる。わたしが通っていた中学校は荒川のすぐそばにあり、いつも川を眺めて過ごし、いつも水位が頭の上にあることを意識していた。橋を渡らなければ、どこへも行けない。

 部活が終わって空を見上げれば、土手の上に夕焼けが広がっていた。川の水は、普段は案外キレイで静かに流れていたが、大雨の次の日にはにごった水が流れていた。

 水門の存在は何となく気になっていた。でも、わたしが育った町の水門は閉じていることが多かった。それに引き替え、今住んでいる場所の近くの水門は、普段は開いているところが多い。

 町を守るためにある水門なのに、閉じていると、そこから先に行けなくなりそうな不安な気持ちになってしまう。でも、開いていると何だか不安定な気持になってくる。

 川のそばを歩くと気持ちがいい。遠くから見たときには気が付かなかったけれど、近づいてみると水門はとても大きい。

 ただ水門があるだけでなく、信号が付いているところもある。船が通過するときに使うのだろうが、実際に信号が機能しているところを見たことはない。

 水門の色は赤だったり、青だったり、とても鮮やかな色をしている。今日のように曇った天気だと、その色が余計に鮮やかに見えてくる。

 昔は荷物を運ぶ船がたくさん通っただろう水路だけど、今はたまにしか船が通らない。イギリス人のように水路を廻る旅はできないのだろうか?

 そんなことを考えたり、考えなかったりしながら川のそばを歩くのが好き。

809冊目

« 『暮らしの手帖 2007年12月号』 | トップページ | 『午前4時、東京で会いますか? - パリ・東京往復書簡』 シャンサ、リシャール・コラス »

デザイン・アート・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/17335197

この記事へのトラックバック一覧です: 『恋する水門 - FLOODGATES』 佐藤淳一:

« 『暮らしの手帖 2007年12月号』 | トップページ | 『午前4時、東京で会いますか? - パリ・東京往復書簡』 シャンサ、リシャール・コラス »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ