ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『床下仙人』 原宏一 | トップページ | スラムダンク・コンテスト »

『筋肉バカの壁 [博士の異常な健康PART2]』 水道橋博士

筋肉バカの壁 [博士の異常な健康PART2]

 水道橋博士は、浅草キッドである自分の肉体を「山本キッド」目指して改造するべく、さまざまな方法を試してみています。食事、トレーニング方法など、よくもまぁこれだけ試してみたなぁと感心してしまいます。

 かつてウェイト・トレーニングにはまったことのあるわたしとしては、これだけの身体を作り上げた水道橋博士は、かなり意志の力が強い方だとお見受けしてしまうのです。

 そんな彼が、石原都知事と東京マラソンに出るという約束をしてしまいました。フルマラソンですよ!それも5時間以内という時間まで指定です!

 練習を始めたころは、ほんの5km走っただけでヘロヘロだった博士ですが、日に日にランニングの楽しさに目覚めていくところがとっても面白かったです。走り過ぎて故障を抱えてしまい、走ることができなくなってからの悔しそうな発言には「ガンバレ!」と声をかけたくなるほどでした。

 そして昨年の第1回東京マラソンに博士は出場し、時間は少しオーバーしてしまいましたが、見事完走したんです。この大会に出るまでの日記は、なかなかの感動モノでした。

 「マラソンのスタートラインに立てば完走できるんです。」という言葉が印象的でした。

 あれから1年、今日第2回東京マラソンが行われました。制限時間が長いとはいえ、完走率96%以上というのは素晴らしいですね。

 わたしもちょっと走ってみようかなぁ!

837冊目(今年20冊目)

« 『床下仙人』 原宏一 | トップページ | スラムダンク・コンテスト »

日本の作家 さ行」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/40159358

この記事へのトラックバック一覧です: 『筋肉バカの壁 [博士の異常な健康PART2]』 水道橋博士:

« 『床下仙人』 原宏一 | トップページ | スラムダンク・コンテスト »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ