ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 旅の図書館 | トップページ | やずやの発芽十六雑穀 »

『頭のいい人がしている究極の手帳術』 三ツ矢樹

 スケジュールとは自分自身とのアポイントメント

 わたしは、何か予定が入ったら手帳に書き込みます。ケータイのスケジュールに書き込むこともあるけれど、やっぱり手帳の方が前後関係を見やすいなぁと思います。

 誰かとの約束だけがスケジュールだと思いがちだけど、自分で決めたことだってスケジュールなんですよね。「今月中にあの映画を観たいな」「○さんへのプレゼントを買わなくっちゃ」「ダイエットしなくっちゃ」こういうものもすべてスケジュール化してしまえば、実行せずにはいられなくなります。

 そのうちになんて思っているだけじゃ、いつまでたっても実行には移せません。毎日いろんな誘惑と戦っているんですもの。それに邪魔されないためには、スケジュール表に書き込んでしまうしかありません!

 そもそもメモというのは読み返すために書くものだ。
 日記を書くのはあとで読むためだ。

 メモも日記も書きっぱなしでは何の意味もありません。(^^ゞ 読み返してナンボのものです。特にメモは後で読むことを充分に考えて書かないとね。意味不明のメモで途方に暮れてちゃいけません。変なメモを書くくらいなら、ケータイで写真を撮ってしまった方がいいときだってあります。

 書いた時には何も考えずに書いているのだけど、後になって読み返してみると、結構発見があるものです。あの時の自分は何を考えていたのだろう?どうしてこれを書いたんだろう?あの日にはこんなことがあったんだ!なんてね。

 自分の記録を残すという意味でも、手帳は重要ですねぇ!

831冊目(今年14冊目)

« 旅の図書館 | トップページ | やずやの発芽十六雑穀 »

文房具・手帳・ノート・手紙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/40039129

この記事へのトラックバック一覧です: 『頭のいい人がしている究極の手帳術』 三ツ矢樹:

« 旅の図書館 | トップページ | やずやの発芽十六雑穀 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ