ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『シネマで旅する世界の旅』 秋山秀一 | トップページ | 『床下仙人』 原宏一 »

『なぜ勉強するのか?』 鈴木光司

なぜ勉強するのか? [ソフトバンク新書]
鈴木 光司
ソフトバンククリエイティブ

 高校入試のために勉強し、大学入試のために勉強したのに、大学に入ったとたんに勉強しなくなってしまうのって、悲しいですねぇ。ずっと勉強してきたんだから、大学に入ってからは楽させてよなんて言ってる人もいて、それってなんだかなぁって?思えてきます。

 社会に出てから「勉強するか、しないか?」ってのは、ものすごく大きな差を生んでしまうのに、なるべく勉強をしないで済むように努力している人の多いこと!

 学校で、「勉強とはつまらないもの」と刷り込まれてしまった人が多いということなのでしょうか? 本来、勉強というのは、自分をより向上させる為のものだから、誰かに命令されてやっているわけじゃないのにね。

 最近のニュースで、ある県の高校で「日本史が必須科目になる」という記事があってビックリしました。つまり、現在は「日本史が必須課目じゃない」ってどういうこと?と思います。自分の国のことも知らないで、それでいいのかってね!

 はっきりいってわたしは歴史が得意ではありませんでした。日本史も世界史も赤点を取らない程度の出来でした。でも大人になってみると、いろんなところで歴史に出会ってしまうんです。「温故知新」なことって、ホントにたくさんあるんです。知らないことを知るって素晴らしいことです。

 「勉強」というと、机の前でのことばかり考えるからつまらないのです。実際には、それ以外の勉強の方が多いのに。台所で料理をしながら野菜や魚を観察したり、信号機を見上げて「最近は青色ダイオードが増えたな」、コーヒーを飲みながら「グアテマラってどこにある国なんだろう?」と思ったり。

 疑問や感想を持ち続けることこそが勉強だと思います。ただ生きているだけじゃ、訳の分からないものに流されてしまいます。自分の頭で、自分の感性で生きていくためには、勉強は不可欠なものだと思うのです。

 ニュースは、何かを考えるきっかけになってくれます。最近の最大の話題と言えば「農薬が混入した冷凍餃子」ですが、あのニュースから何を考えましたか?マスコミは中国の生産工場の問題ばかり取り上げていますけど、それ以外のことだっていろいろありますよね。

 あの製品を販売していたのはJT(日本たばこ)です。元々は専売公社として、たばこと塩を販売していました。その会社が現在は民営化され、「脱たばこ」商品として冷凍食品や缶コーヒーなども取り扱っています。今回のニュースで初めて「そうだったんだ」と気づいた人もいるんじゃないかな。

 お弁当用の冷凍惣菜なども中国製がほとんどですよね。雑誌などで幼稚園児のお弁当のアイデアのページを見たり、友達のお弁当が、ものすごくカラフルでビックリしちゃうんですが、そういうところで冷凍食品は大活躍しているんですよね。

 いろんなおかずが詰め込まれていて、あらステキなんて思っていると、実は冷凍食品を数種類並べているだけなんてことが良くあります。これはお弁当だけに限らず、外食産業でも同じことなんですが、食事は体を作る原料となるものなのに、これでいいのかなぁ?なんて思ってしまいます。

 毎日見ているものって、改めてそれがどんなものであるかなんて考えなくなっています。でも、たまには「これって、どこで作られたんだろう?」なんて考えてみると、新しい発見がありそうです。それこそが「勉強」だと、わたしは思っています。

835冊目(今年18冊目)

« 『シネマで旅する世界の旅』 秋山秀一 | トップページ | 『床下仙人』 原宏一 »

新書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/40125773

この記事へのトラックバック一覧です: 『なぜ勉強するのか?』 鈴木光司:

« 『シネマで旅する世界の旅』 秋山秀一 | トップページ | 『床下仙人』 原宏一 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ