ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『脳は「歩いて」鍛えなさい』 大島清 | トップページ | キースと Louis Vitton »

『秋の牢獄』 恒川光太郎

秋の牢獄
秋の牢獄
posted with amazlet at 08.03.13
恒川 光太郎
角川書店

秋の牢獄
女子大生の藍の11月7日は、いつまでたっても 11月8日になりません。どんなことをしても、朝になるとまた同じ日が始まってしまうのです。

神家没落
散歩をしていて目に入った藁葺き屋根の家。何でこんな所に?と思い近づいてみたら、家の中から人が出てきました。

幻は夜に成長する
リオは祖母と2人で、町から離れたところにある小さな家に住んでいました。

 恒川さんの描く世界は、やっぱりいいですね。背中の方から冷たい風が吹いてくるような、ゾクゾクっとした感じがたまりません!

 秋の牢獄のように、自分以外の時間が止まってしまったら、その孤独感はたまらないでしょうね。話をしたり、どこかへ行ったりということは自由にできるけれど、何をしてもまた元の時間に戻ってしまうっていうのは、辛いですよね。

 神家没落の移動する家というのも怖いですね。そんな家に閉じ込められてしまったら、どうしていいのか分からなくなってしまうでしょうね。

 「幻は夜に成長する」のリオの運命って凄過ぎます。自分の意志とは違うところで運命を決められてしまうということの怖さを感じました。

 何だか分からない力に自分の運命を決めれらてしまうって、冷静に考えてみれば普通のことなんですよね。だけど誰もそんなことを考えずに生きているんです。そして、ある時点で急に気が付くんです。「何でこんな所に自分はいるんだろう?」

 人生とはミステリーなのかもしれない!なんてことを考えてしまいました。

850冊目(今年33冊目)☆☆☆☆☆☆(絶対オススメ!)

トラックバック先
粋な提案
コンパス・ローズ
まったり読書日記
本のある生活
ナナメモ
活字の砂漠で溺れたい
目次が日本一のブログ
ディックの本棚
やぎっちょのベストブックde幸せ読書!!

« 『脳は「歩いて」鍛えなさい』 大島清 | トップページ | キースと Louis Vitton »

日本の作家 た行」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
納得してるはずなのに、分からない力に自分の運命が…
そう考えると、まさに人生ってミステリーなのかもしれませんね。
自分で解けるのかどうか…怖くなってきました(冷汗)。

藍色さん☆おはようございます
自分の人生、一番難しい謎なのかもしれません。
でも、分からないからこそ楽しいのだと思いたいものです。

何気なく過ごす一日の大切さとか、
見落としがちなところを
気付かせてくれたような気がしますね。
恒川さんの次の作品も楽しみです♪

エビノートさん☆こんばんは
「明日は何が起きるか分からないんだ」という気持ちで、毎日を生きないといけないなぁって思いました。
今回もいい作品でしたね。(*^_^*)

こんにちは。
こんかいも恒川さんの独特な世界が広がってましたね。
何かに捕らわれてしまった人たちの物語。
こんな怖いことじゃなくても、私だって何かにとらわれてしまうことってあるんだよなって感じました。

こんばんは、Rokoさん。
あれれ、と自分の立ち位置に驚くことってありますね。
もしかして見えないチカラに動かされている?と感じる瞬間とかも怖い。
案外自分の意志で歩いているようで錯覚だったりして、と物語だけでなく、現実にも怖さは潜んでいるものですね。
日常に繋がる怖さを恒川さんの作品からは感じます。
次回作にも期待。

ななさん☆
わたしたちは皆、何か見えないものに捕らわれているのかもしれませんね。
それに気づかずに生きていることの方が怖いのかもと思えてきました。

雪芽さん☆
わたしたちを捕えているものが、悪魔なのか天使なのか?
考えても分からないけれど、それを招いているのは自分なのだと信じたいと思います。

Rokoさん こんばんは
わずか三作で、すでに恒川ワールドを確立させているところはすごいですね!! 次作は長編に期待です!!

yoriさん☆こんばんは
恒川ワールドは、怖いんだけど魅力的ですねぇ!
ぜひ長編にも着手してもらいたいなぁって思いますよね。(^_^)/

Rokoさん、こんばんわ。
異界が日常のすぐそこにあるっていうのが怖かったんですが、
言われてみると、大きな力に流されてここにいる気がしてきました。
ほんと、人生ってミステリーかもしれません。

juneさん☆こんばんは
この本に登場した人たちは、自分が異界にいるということに気付いていましたけど、実際の世界では、それに気付いていないだけなのかも?
なんて思うと怖いですねぇ~!

ミステリアスなホラーの世界を描いているのに、
日常も実は?と想起させるのが本当に巧いですのね。
恒川光太郎さんの作品は全部読んでしまいましたが、
他にお勧めのホラーがあったら御教示下さいませ。
恩田陸と鈴木光司以外でお願いしたいのですが…。

goldiusさん☆こんばんは
フィクションなのに、実際にありそうな気持にさせられてしまうのは、やはり恒川さんの巧さなのでしょうか?
わたしはホラーはスティーブン・キング位しか読まないのですが、桐野夏生の作品はストーリーとは関係なく、いつも怖さを感じます。

>何だか分からない力に自分の運命を決めれらてしまう
たしかに、考えてみればそれはふつうのことなんだけれど、ぼくが「怖いなあ」と思うのは…、

「これはね、じつはやってはいけないことだったんだよ。きみは知らなかっただろうけれど…」
という、「隠しルールがあったんだよ」みたいな話ですね。現実社会でも自分だけ知らないルールがあった、というのはとてもイヤなものです。

ディックさん☆そうですね
何だか分からないルールの壁を作って、何かを排除しようとする力の存在に腹が立つことってありますね。
そういう目に遭うのも嫌だけど、そういうことをする側に自分がならないようにしなければとも思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/40490206

この記事へのトラックバック一覧です: 『秋の牢獄』 恒川光太郎:

» 秋の牢獄 〔恒川 光太郎〕 [まったり読書日記]
秋の牢獄恒川 光太郎 角川書店 2007-11売り上げランキング : 3341おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 十一月七日、水曜日。 女子大生の藍は、秋のこの一日を何度も繰り返している。 毎日同じ講義、毎日同じ会話をする友人。 朝になれば全てがリセッ...... [続きを読む]

» 「秋の牢獄」恒川光太郎 [ナナメモ]
秋の牢獄 恒川 光太郎 JUGEMテーマ:読書 「秋の牢獄」「神家没落」「幻は夜に成長する」の3つの物語。 恒川さんの世界です。この世界のすぐ隣にある異次元空間。時間がねじれた時に入り込んでしまったら、もうその世界からは抜けることが出来ない。どの物語も「何かに捕らわれてしまった」人たちを描いてます。最初は否定し、なんとかその世界から逃れようとするけど、気がついてみたらその世界に魅せられどっぷりとつかってる。そして、その物語を読んでいる私も余韻にどっぷりとつかってる。 ... [続きを読む]

» 「秋の牢獄」 恒川光太郎 [コンパス・ローズ  compass rose]
 秋の牢獄  恒川 光太郎  角川書店 (2007/11) 囚われる。ある特定の一日という時間の中に、ひとつの場所に、心の内に出来た自分だけの王国に囚われる。囚われることが呼び起こす恐怖は、果てしのなさだろうか。 恒川さんの3作目となる新作は短篇集。表題作でもある「秋の牢獄」、「神家没落」、「幻は夜に成長する」の3つの作品が収録されている。 十一月七日、水曜日。女子大生の藍(あい)は、秋のその一日を、何度も繰り返している。毎日同じ講義、毎日同じ会話をする友... [続きを読む]

» 異界の空を見上げて [活字の砂漠で溺れたい]
誰の心にも異界は存在する。 人それぞれの心の奥底には、人それぞれの異界がある。 それはもしかしたら幻、 と呼ばれる類のものなのかもしれないし、 心のちょっとした屈折が織りなす、 錯覚の一種、なのかもしれない。 作家「恒川光太郎」は彼のまだ数少ない作品群....... [続きを読む]

» 『秋の牢獄』 恒川光太郎 角川 [目次が日本一のブログ(自称w挑戦者求む)]
秋の牢獄/恒川 光太郎 ¥1,470 Amazon.co.jp 本書のベストセリフ 「ただ己のためだけに人を惑わして生きる。 そんな命が必要なのか? 十年待ったが、 目の前にいるのは今現在の自分のことしか頭にない、 容量の小さなただのくだらんガキで、 結局... [続きを読む]

« 『脳は「歩いて」鍛えなさい』 大島清 | トップページ | キースと Louis Vitton »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ