ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『共感覚者の驚くべき日常』 リチャード・E. シトーウィック | トップページ | 『ダンシング・ヴァニティ』 筒井康隆 »

『STUDY HACKS!』 小山龍介

STUDY HACKS!
STUDY HACKS!
posted with amazlet at 08.03.06
小山 龍介
東洋経済新報社

 勉強を通じて常に新しい情報を食べながら、この世界を生きている。

 大人になってから勉強することって、色々ありますよね。資格を取るとか、語学とか、マーケティングとか、仕事に関することもあるし、趣味に関するものもあります。どちらにしても、三日坊主で終わってしまうことってよくあります。

 あと3か月で、絶対にこの資格を取らなければ!というような目標があれば、案外勉強というのははかどるものですが、漠然と勉強しようと思ったことって、なかなか思ったようにできなくて、結局あきらめてしまうことが多いんですよね。

 勉強を成功させる最初の1歩は、「目標を掲げる」ということですね。何のためにその勉強をするのか?その勉強をするとどんないいことがあるのか?を見えるようにしておくことが大事なんだなぁって、改めて感じました。

 それとね、大人なんだから学生の時のようにひたすら暗記するのは止めようよ!という著者のアドバイスはいいですね。いかに効率よく勉強するかってことが、大人の勉強の極意ですね!(*^_^*)

 この本の中で気に入ったポイント

・図解を切り取って手帳に貼って自分辞書を作る(偏愛辞書)
 自分が興味を持つものであれば、何でも構わないので手帳にどんどん貼り込んでいくというアイデアです。これは楽しそう、すぐに実行してみようっと!

・コーチをつけるのではなく、自分がコーチになる
 どんなに勉強しても、それがどれだけ身に付いたかはよく分かりません。人に教えることによって、自分の理解度も増していきます。

・ブログやSNSで進捗を報告する
 自分で決めただけでは、サボるのは簡単です。外に向かって公表してしまえば、簡単に「やーめた」とは言えなくなります。

・学んだことをライフハックにしてしまうことです
 たとえ失敗しても、ただ転んではつまりません。「こうやると失敗するのだ」という経験値が増えたのだと考えればいいんです。更に、それをブログのネタにしてしまうこともできるんですよね!

 学生時代の勉強は人から与えられたものでしたが、大人の勉強は自分が求めるものです。楽しく、要領よく、失敗すらもネタにする、を忘れずに、これからも勉強し続けていきたいと思います。

846冊目(今年29冊目)☆☆☆☆☆

« 『共感覚者の驚くべき日常』 リチャード・E. シトーウィック | トップページ | 『ダンシング・ヴァニティ』 筒井康隆 »

Life Hacks・Web」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/40391545

この記事へのトラックバック一覧です: 『STUDY HACKS!』 小山龍介:

« 『共感覚者の驚くべき日常』 リチャード・E. シトーウィック | トップページ | 『ダンシング・ヴァニティ』 筒井康隆 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ