ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 映画 「モンテーニュ通りのカフェ」 | トップページ | 西新宿の輸入CD屋めぐり »

『フィンバーズ・ホテル』 ダーモット ボルジャー他

フィンバーズ・ホテル (海外文学セレクション)
ダーモット・ボルジャー、アン・エンライト
コルムトビーン、ヒューゴー ・ハミルトン
ジェニファー・ジョンストン、ロディ・ドイル
ジョセフ・オコーナー

東京創元社

 フィンバーズ・ホテルの101号室~107号室に宿泊している6人と1組の宿泊客の物語が、7人の作家によって描かれています。

 わずか3マイルしか離れていないところで暮らしているのに、一度ホテルに泊まりたいと思ってやってきた101号室のペニー。自分の頭の中で作り上げてきたホテル・ライフを過ごしたいと思っていたのに、何故か上手くいかないのです。

 102号室にやって来たのはアイヴィとローズの姉妹。家を出て久しい妹のローズは、姉にどうしても言うことができない秘密があった。

 103号室のケンは、家を追い出された腹いせに、彼女の猫を誘拐してきた。

 104号室のカギを手にしたポニーテイルの男をちらっと見た瞬間、支配人のジョニーは嫌な気持ちになった。

 105号室のモーリーンは、レストランでレイというツアーガイドをしている男性に出会った。

 106号室のメイは、ダブリンの消防士の娘だったのだが、アメリカでの生活が彼女をすっかり変えてしまった。

 107号室に来た男は、レンブラントの絵画を盗んで逃げているところだ。

 ダブリン市内のヒューストン駅のすぐそばにあると設定されているフィンバーズ・ホテル。ダブリン城やトリニティ・カレッジも近いから、なかなかのロケーションですよね。古くてつまらないホテルだとみんなに言われているけれど、本当にあったら泊ってみたいなぁって思えてきました。

 ロキシーミュージックのブライアン・フェリーがジェリー・ホールと付き合っていたのに、何故結婚しなかったのか?という104号室の2人の会話がとっても好きでした。

 何故だと思いますか?

 理由は、「結婚するとジェリー・フェリーという名前になってしまうから!」

 アイルランド独特の宗教感とか、政治の問題とか、色んなバックボーンを感じる内容が、とても面白かったです。続編も読もうかなぁ?

880冊目(今年63冊目)

« 映画 「モンテーニュ通りのカフェ」 | トップページ | 西新宿の輸入CD屋めぐり »

海外 小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/41260407

この記事へのトラックバック一覧です: 『フィンバーズ・ホテル』 ダーモット ボルジャー他:

« 映画 「モンテーニュ通りのカフェ」 | トップページ | 西新宿の輸入CD屋めぐり »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ