ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『ザ・シークレット』 ロンダ・バーン | トップページ | 『情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」』 奥野宣之 »

『本からはじまる物語』

本からはじまる物語
本からはじまる物語
posted with amazlet at 08.05.23
恩田 陸 ほか
メディア・パル

 本が好きな人にとって、本屋さんや図書館というのは、妙に居心地のいい場所です。何を探そうというのでなくても、たくさんの本に囲まれているだけで幸せだし、そのたくさんの本の中に自分の知らない世界が隠れているという期待感がいいんですよね。

 最近はネットで本を探すことも増えましたが、実際の本屋さんでの本との出会いというのも意外性があっていいものです。表紙に惹かれたり、ポップのセリフに惹きつけられたりって、ワクワクしちゃいます。

 図書館で出会うのは、本屋さんにはもう並んでいないような古い本の場合が多いのですが、こんなにいい本がどうしてこんなところに隠れてるんだろう?ってことが結構あります。

 読書ブログをやっている方の「オススメ本」には、かなりお世話になっているのですが、ちょっと古い本だと、もう店頭には並んでいない可能性が高いんです。そういうときには図書館で探してみると、たいてい見つかります。おまけにすぐに借りられることが多くてうれしい限り!

 「本を読む」という行動は、とても個人的なものなんだけど、本を読み終わると「ねぇ、あの本読んだ?」「わたしはココが好きだったなぁ!」なんて語り合える友達が欲しくなっちゃうんですよね。

 だから読書ブログをやっている方たちって、長続きしてるんじゃないかなぁ?

 読書好きって言っても、それぞれの得意なジャンルが違っているから面白いんですよね。推理小説を読みたいなぁと思ったらAさん。恋愛ものだったらBさん、海外小説だったらCさん、なんて具合に参考にしています。皆さんのおかげで、わたしの読書の幅もどんどんと広がってきました。

 この本に登場する物語から、みんな本が好きなんだなぁって気持ちが伝わってきます。いろんな本が世の中にあるけれど、それぞれに命があって、何かを伝えようとしているのだということを忘れちゃいけないなぁって思えてきました。

 どれもいいけれど、わたしは恩田陸さんと、梨木果歩さんの作品が特に気に入りました。

882冊目(今年65冊目)☆☆☆☆☆

トラックバック先
苗坊の読書日記
粋な提案
ナナメモ

« 『ザ・シークレット』 ロンダ・バーン | トップページ | 『情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」』 奥野宣之 »

日本の作家 アンソロジー」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。TBさせていただきました。
素敵な作品でしたよね~
作家さんも皆さん好きですし、やはり本に関わる作品ばかりなので、いいなと思います。
私は石田衣良さんの作品が好きです。
こういう出会いっていいなって思っちゃって^^

苗坊さん☆こんばんは
どの作家さんも本が大好きなんだって気持ちが出てましたね。(*^_^*)
石田さんの小説のような出会いに憧れてるんですか?
本の話で盛り上がれる相手ってなかなかいないですものね。(^^ゞ

こんばんは。
気持ちのいい短編集でした。
やっぱり本を読み終わると語り合いたくなりますよね。
私も読書ブログで、誰も読まないミステリ一辺倒からだいぶ変わって広がりました。
で、今のところ長続きしてます。
Rokoさんは洋楽、西洋文化に詳しいので、教えてもらえることが多くて感謝してます。
私の役割は不明ですが…(汗)。

作家さんたちのメッセージ、しっかり受け取っていきたいですね。

藍色さん☆おはようございます
語り合える相手がたくさん見つかるからこそ、わたしのブログも続いているのだと思っています。

藍色さんの読書量は凄いですよね!
「あら、こんな新刊が出てる」って、藍色さんのところで見つけることがかなりあって、いつもお世話になってます。m(__)m

こんばんは。
そうそう。こうやってブログで感想を語り合えるのってすごく楽しいですよね。
作家さんたちの本への愛情が感じられました。

ななさん☆こんばんは
作家のみなさんの本を愛する気持にあふれた本でしたね。
本と過ごす時間の大切さをひしひしと感じました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/41297647

この記事へのトラックバック一覧です: 『本からはじまる物語』:

» 「本からはじまる物語」 [ナナメモ]
本からはじまる物語 恩田 陸 JUGEMテーマ:読書 書店様向け広報誌「しゅっぱんフォーラム」に掲載された「本屋」「本」をテーマにした書き下ろしの掌編小説18作品。 書店向けの広報誌にこの作家陣。贅沢です。どの話も本や本屋さんにまつわるものなので全部好きって思っちゃう。でも印象に残ったのは恩田陸さんのといしいしんじさんのかな。 フォントが特徴的。「さ」と「き」がちょっとひしゃげた感じ。ちいさい「っ」がちょっと大きめで「ずっと」なんて書いてあるとずーっとずっとみたいな印象。... [続きを読む]

« 『ザ・シークレット』 ロンダ・バーン | トップページ | 『情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」』 奥野宣之 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ