ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『全身「からだ革命」』 草刈民代 | トップページ | 『「ひきこもり国家」日本 - なぜ日本はグローバル化の波に乗り遅れたのか』 高城剛 »

晴海埠頭に巨大なクレーンが

Photo_4

 会社の窓から見えたクレーン、最初は大して気にならなかったんだけど、よく考えてみたら、もの凄く大きいんです!

 更によく見てみると、吊り下げているのは橋じゃありませんか!(7月18日撮影)

 調べてみると、これは豊洲埠頭と晴海埠頭をつなぐ 豊洲大橋 の架橋工事なのだそうです。

Photo_2 工場でこのような状態まで組立て、それを船で運んで現場へ運び、大型のクレーンが付いた作業船(起重機船)で一括架設する工法を取っているのだそうです。

 この部分の説明は → こちら

 一つのパーツが80~130mもあるんですって!それを持ち上げているクレーンって一体どの位大きいの?

 ということで、更に調べてみました。

 この起重機船は「富士」という名前で、船体の長さが105m。最大3000tを持ち上げることができるんですって!スゴーイ!

 こういう船を使ってのお仕事っていろいろあるんですねぇ。調べれば調べるほどビックリすることが増えてきます。詳しくは → 深田サルベージ建設㈱

 首都高速では夏休みのイベントとして、この建築現場を親子で見学する「首都高講座」を開催するそうです。8月9日(土)に小学生親子20組40名が参加できるんですって。興味のある方は → こちら

 こうやって、色んな技術がわたしたちの生活を支えてくれているんですね。知れば知るほど興味がわいてきます。(*^_^*)

 最近、こういう見学会が増えてきましたね。こういう体験から、未来の建築家や都市計画に興味を持つ人が増えたらいいなぁって思います。

トラックバック先
読書発電所Annex

« 『全身「からだ革命」』 草刈民代 | トップページ | 『「ひきこもり国家」日本 - なぜ日本はグローバル化の波に乗り遅れたのか』 高城剛 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

Rokoさん、おはようございます。
実は今回も見に行っちゃいました(笑)
やっぱり大きいですねぇ、このクレーン。
晴海大橋から見たら迫力でしたよ

yomikakiさん☆おはようございます
見に行っちゃったですか?その熱意、凄いなぁ!
こういう機会ってなかなかないですもの。
わたしも昼休みに晴海埠頭へ行ってみようかなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/41921489

この記事へのトラックバック一覧です: 晴海埠頭に巨大なクレーンが:

» 巨大クレーン再び [読書発電所Annex]
 先週末の金曜日の昼前、再び巨大クレーンが登場しているのを発見。 今回は、場所も [続きを読む]

« 『全身「からだ革命」』 草刈民代 | トップページ | 『「ひきこもり国家」日本 - なぜ日本はグローバル化の波に乗り遅れたのか』 高城剛 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ