ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『うたうひと』 小路 幸也 | トップページ | 『プリズン・ストーリーズ』 ジェフリー・アーチャー »

『ブルーベリー』 重松清

ブルーベリー
ブルーベリー
posted with amazlet at 08.09.22
重松清
光文社

 1980年代に青春だった君は、アルバイトニュースでバイトを探し、ウォークマンで音楽を楽しみ、新宿のディスコで踊ってたよね!

 ボートハウスのトレーナーとか、見栄講座とか、陸サーファーとか、何であんなに流行ってたんだろうね?

 思い出してみると、こっぱずかしいことばかりだけど、みんな元気だったよなぁって思えるあの頃。今の方が物質的にはずっと豊かだけど、あの頃の方がずっと自由だった気がするのは何故なんだろう?

 この本のタイトルにもなっている「ブルーベリー」って、確かに1980年頃から流行ってきたような気がします。

 初めてブルーベリーってのを知ったのは旧軽井沢の中山のジャムだったんじゃないかなぁ?それまでのイチゴジャムとマーマレイドしかなかった世界に、突如として現われたブルーベリージャムは、とてもオシャレな食べ物だったんですよ。だから「僕と少女とブルーベリー」のお父さんがブルーベリージャムを好きなのって、とっても分かるなぁ!

 「4時間17分目のセカンドサーブ」で語られていた、1982年のウインブルドン決勝のジョン・マッケンロー対ジミー・コナーズの試合は、わたしも見ましたよ!デカラケが増えてきても、ずっとノーマルサイズのラケット使ってたコナーズが大好きでした。

 「レゲエのおじさん」って呼び方は、ボブ・マーリーが出て来てからですよね。最初に言い出したのはタモリじゃなかったっけ?「ザイオンの鉄のライオン」を聞いていた中学生はどんな大人になったんでしょうか?

 この本を読んで、「ああ、そうだったね」と自分のことのように感じる人がさぞかし多いだろうなぁ!コインランドリーのにおいとか、上野駅の長距離列車のホームとか、ユースホステルのロビーとか、思い出っていろんな所に潜んでるものなんですね。

927冊目(今年110冊目)☆☆☆☆☆

トラックバック先
苗坊の読書日記
デコ親父はいつも減量中
待ち合わせは本屋さんで

« 『うたうひと』 小路 幸也 | トップページ | 『プリズン・ストーリーズ』 ジェフリー・アーチャー »

日本の作家 さ行」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
あの頃のこと、懐かしく思い出しました。
記事が詳しくて、ビックリ!
ものすごく鮮明に覚えてたんですね。
東京在住じゃなかったので、わからないこともありましたけど、
記事を読んで、追体験したような気持ちになれました。
前回TB通ってましたけど、念のため。
http://1iki.blog19.fc2.com/blog-entry-507.html

藍色さん☆こんばんは
80年代には色んな事がありました~!
バブルに至るまでのイケイケな時代だったんだなぁって思います。

こんばんわ。TBさせていただきました。
80年代ってこうだったのね~と思いながら読んでいました。
いい時代だったんだろうな~と思いましたねぇ^^

苗坊さん☆TBありがとうございます
80年代って、上だけ見ていればいい時代でしたからねぇ!今よりも確実にお気楽な時代だったと思います。
最近は、みんながやる気をなくしちゃってる時代なのかなぁって思います。
もっと楽しい時代にしようよ~!って思います。

こんばんは~。
コメント遅くなってスミマセン^_^
そう!!懐かしかった!!
昔を思い出させる作品でした~。

naruさん☆こんばんは
20年後、今の時代のどういう所を懐かしいって思うのでしょうか?
「不景気だったよなぁ~」だけじゃ嫌だよねぇ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/42561334

この記事へのトラックバック一覧です: 『ブルーベリー』 重松清:

» ブルーベリー 重松清 [苗坊の読書日記]
ブルーベリー 僕はあの頃より少しは幸せになったんだろうか。 東京に対する憧れと怯えを抱えて上京した18歳の僕。 いろんな場所で、いろんな人たちと出会い、時を過ごした。 でも、いつの間にか、会わなくなってしまった人たちがいる。 彼らはいま、何....... [続きを読む]

» ブルーベリー<重松清>−(本:2008年130冊目)− [デコ親父はいつも減量中]
ブルーベリー # 出版社: 光文社 (2008/4/22) # ISBN-10: 4334926037 評価:80点 今年の4月にでたばかりの本だというのに。 重松清の本だというのに。 図書館では予約が入っておらず、すぐに借りることができた。 最近多作になってきた著者なので、作品にありが....... [続きを読む]

» 重松清『ブルーベリー』 [待ち合わせは本屋さんで]
僕はあの頃より少しは幸せになったんだろうか。 [続きを読む]

« 『うたうひと』 小路 幸也 | トップページ | 『プリズン・ストーリーズ』 ジェフリー・アーチャー »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ