ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『ヘタリア』 日丸屋秀和 | トップページ | 『大奥 第1巻』 よしながふみ »

『ドリームガール』 ロバート B. パーカー

ドリームガール (ハヤカワ・ノヴェルズ)
ロバート・B・パーカー
Robert B. Parker
早川書房

 スペンサー・シリーズ34冊目、今回の依頼者は「儀式」「海馬を馴らす」に登場したエイプリル・カイルです。久し振りに会った彼女が立派な大人になっているとスペンサーは喜ぶのですが、彼女は大きな問題に直面しているようなのです。

 これまで何度もエイプリルを助けてきたスペンサーですが、今回は彼の気持ちが空回りしてしまって悩むのですが。分からない時には、とにかく動いてみるしかないというスペンサーの鉄則は今回も実行されます。

 ホークは今回もいい仕事をしているし、テディ・サップの使い方も上手いなぁ。

 スペンサー・シリーズの楽しさは、もちろん謎解きもありますが、会話の面白さがたまらないんですよねぇ!ボストンの住人であるスペンサーは、もちろんレッド・ソックスのファンです。

 「あんたがいいと思うものが何かあるのか?」私が言った。
 「おれの女房」ベルソンが言った。
 私はうなずいた。
 「ほかには?」
 「たぶん、ジェイソン・ヴァリテックも」
 「たぶんそれで充分だ」

 やっぱり男らしい選択だわぁ~!

 「追跡者の本能だ」ホークが言った。
 「アフリカでライオンを追っていた先祖から引き継いでいる」
 「おまえの先祖は走ってライオンを追いつめたことがあるか?」
 「やろうと思えばできたが、たいがいライオンが獲物を仕留めて戻ってくるのを待ってた」

 ホークとの会話も相変わらず楽しいですが、この2人の友情はただものじゃないなぁってホークのセリフで感じました。

 「おれに耐えられる人間はほかにいない」

 犯人は誰か?ということよりも、この物語の本当に大事な部分は「信頼」なんだなと感じました。スーザンやホークとの信頼感はもちろん、トニイ・マーカスやクワーク警部との仕事と割り切った信頼感もまた大事なものです。

 信頼なしには人間は生きていくことができないことを、スペンサーはエイプリルに教えたかったのでしょうね。

982冊目(今年17冊目)☆☆☆☆
外国作品を読もう!キャンペーン 3冊目

トラックバック先
目次が日本一のブログ(自称w挑戦者求む)

« 『ヘタリア』 日丸屋秀和 | トップページ | 『大奥 第1巻』 よしながふみ »

海外 小説」カテゴリの記事

コメント

ほんと、肉体の結びつきより心の信頼を賛歌した素晴しい物語でしたね!

goldiusさん☆こんにちは
かつては敵であっても、あるいは見方であっても、信頼がすべてを決めるのですね。
スペンサーシリーズは、もはやミステリーではなく哲学あるいは美学であるような気がしてきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/43916269

この記事へのトラックバック一覧です: 『ドリームガール』 ロバート B. パーカー:

» 『ドリームガール』 ロバート・B・パーカー 早川 [目次が日本一のブログ(自称w挑戦者求む)]
スペンサーシリーズ34作目。 これはネタバレ厳禁か? マンネリの馴れ合いで終わるかと思ったが、 ラスト1Pの思いきった結末が素晴しい! こんな結末はいやだ!!と叫ぶ人もいるであろうな。 ホモのタフガイ、テディ・サップが再々登場しますぞ! スペ... [続きを読む]

« 『ヘタリア』 日丸屋秀和 | トップページ | 『大奥 第1巻』 よしながふみ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ