ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『バナナは皮を食う - 暮しの手帖 昭和の「食」ベストエッセイ集』 檀ふみ選 | トップページ | 『ヘタリア』 日丸屋秀和 »

『どこから行っても遠い町』 川上弘美

どこから行っても遠い町
川上 弘美
新潮社

 この表紙いいなぁ、谷内六郎さんの絵はいつ見ても心惹かれてしまいます。窓の外にいる男の人は誰なんでしょうか。知っている人?それとも知らない人?子供のころは大きく見えたおじさんなのに。自分が大人になってみると、それほどでもないんだなぁって気づいちゃったり。

 この物語に登場する人たちは小さな町で暮らしています。それぞれ勝手に生きているようでいて、どこかでそっとつながっている感じが、ジワジワっと伝わってきます。

 恋愛結婚したからといって、その情熱がいつまでも続くわけではないし、お見合いだから情熱的じゃないってわけでもないし、人と人との巡りあわせって不思議です。偶然に出会ったようでいて、すべての出会いは運命なのかもしれません。

 もちろんみんな、人はそれぞれに違っている。みんなでいる時は「みんな」という規格からはずれないように、違わないように、心をくばって、でもほんとうは、「人それぞれの違い」はちゃんとある。(本文より)

 誰一人として同じ人生を歩んでいないのに、まるでそんなことは無かったかのように「ふつう」の顔をして生きている人の多いこと!そういう顔に騙されちゃいけませんよ!よく話を聞いてみると、みんながビックリするようなことを、いとも簡単にやっている人が多いんだから!

 この人のどこにそんな強さがあるのか?と驚かされる人もいれば、今までどうして何もやらずに来ちゃったの?と、その消極性に驚かされる人もいます。

 人は皆、自分が普通だと思っています。1億人いれば、1億人分の自分らしさがあるんです。他の人の自分らしさをマネするもよし、無視するもよし、それを決めるのは自分なんですから。

980冊目(今年15冊目)☆☆☆☆

トラックバック先
粋な提案
まっしろな気持ち
読書発電所Annex
本読み日記
続 活字中毒日記

« 『バナナは皮を食う - 暮しの手帖 昭和の「食」ベストエッセイ集』 檀ふみ選 | トップページ | 『ヘタリア』 日丸屋秀和 »

日本の作家 か行」カテゴリの記事

コメント

川上さん、
結局コレしか読んでない・・・
http://tsutamaru.cocolog-nifty.com/blog/cat14681512/index.html

作風は、かなり好きなんだけどなぁ。。。

今年は、果敢にチャレンジしていきます!!
φ(.. ) カキカキ

こんばんは。
人は見かけによらないってこと、
ありますよね。
みんなが簡単にやっているようなことをできてなくて、
ビックリされる人に当てはまりそうです。
他の人の自分らしさをマネするところから
始めてみようかなって思います。
http://1iki.blog19.fc2.com/blog-entry-635.html

つたまるさん☆チャレンジ~!
椰子椰子が好きなんですか?
他のも是非読んでみてくださいね。

藍色さん☆おはようございます。
他の人のマネをしてみて、意外な発見をすることもあるし、マネが出来ない自分にビックリすることもあります。
面白い見本になる人、近くにいますか?

Rokoさん、こんにちは。
表紙。とても素敵ですよね。
ここにも何か物語があるように感じます。
どこかで誰かとつながっている…そう思うと、
なんだかほっこりした気持ちになります。

ましろさん☆こんばんは
>どこかで誰かとつながってる
みんな一人で生きているんじゃないということに気づくと、自然と優しくなれますよね。(*^^)v

人の繋がりって、あんまり無いようでいても、細いけどしっかりしたものがあったりしますよね。
その繋がりが色々と絡み合って、いろんな話があって...

ps.私もこの表紙の絵は気に入ってます。

yomikakiさん☆こんばんは
人の縁ってどこで決まるのでしょうね?
不思議な縁のある人って確かにいますもの。
わたしにとって谷内六郎さんの絵は、懐かしさのシンボルです。
子供の頃、この絵の女の子と同じような服を着てたなぁ~、なんて気持になってしまうのです。

Rokoさん、こんばんは♪
TB失敗かな(汗)
この作品心地よいですよね。
まるで最終編を読んだあとに、読者自身が12編目を演じているような錯覚に陥りました。
最後の真紀さんの登場が本当に物語を引き締めたのだと思います。
川上さんの作品なんか英訳してもその良さが出にくいでしょうね。
日本の作品の良さを示す象徴的な作家かなと思います。

トラキチさん☆こんばんは
川上さんの世界観は翻訳不可能でしょうね。
不思議な展開にも何故か頷いてしまうのは、その心地よさのせいでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/43895799

この記事へのトラックバック一覧です: 『どこから行っても遠い町』 川上弘美:

» どこから行っても遠い町 [まっしろな気持ち]
 記憶が淡くはらはらとこぼれ落ちる。そのあやういほどの輪郭をたよりに、どこまでも近くどこまでも遠い場所を探しあぐねる。いくら追いかけてもたどり着けないもどかしさと、知れば知るほどにどこかぼやけてゆく情景がここにはある。そのぼやけた情景に身を委ねて浸る心地よさったらないのだ。東京の東にある小さな商店街と、その町に暮らす人々を描いた十一の連作短篇集である、川上弘美著『どこから行っても遠い町』(新潮社)... [続きを読む]

» どこから行っても遠い町 / 川上弘美 [読書発電所Annex]
 どこかの遠い町の11編のお話。 この11編はまったく関係ない話ではなく、話中の [続きを読む]

« 『バナナは皮を食う - 暮しの手帖 昭和の「食」ベストエッセイ集』 檀ふみ選 | トップページ | 『ヘタリア』 日丸屋秀和 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ