ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『ユダの山羊』 ロバート・B.パーカー | トップページ | 『山椒魚戦争』 カレル・チャペック »

『大奥 第2巻』 よしながふみ そして 『ブッダ 第2巻』 手塚治虫

大奥 第2巻 (JETS COMICS (4302))
よしなが ふみ
白泉社

 第1巻は8代将軍「吉宗」の時代でしたが、この第2巻では3代将軍「家光」の時代に遡っています。

 日本全国に流行った病のために男性の人口が驚異的に減り、男中心の世界を維持することが困難となってしまった時代の始まりを描いています。

 将軍が亡くなり、気が付いたらその大役を背負わなければならなくなってしまった千恵姫、出家していたのに、むりやり還俗させられてしまった有功(ありこと)、全く違う世界からやってきた2人の運命の出会いです。

 絶対的な権力によって人生を変えられてしまった2人は、日本で一番偉い人と、その側近なのに、これっぽちの自由もない籠の鳥のような生活を送っていて、何だか切なかったなぁ。どんなにきれいな着物を着て、美味しいものを食べていても、それだけじゃね。

 武士の家に生まれたけれど、多くの人を助けるには仏門に入ることの方が意味があると考えて出家した有功なのに、大奥という閉ざされた世界でしか生きることができなくなってしまった彼の苦悩はさぞかし大きかったでしょう。

 この第2巻を読んだすぐ後に読んだのが「ブッダ 第2巻 四門出遊」です。王家の長男として生まれ、王子として何不自由ない生活を約束されていたのに、そんな自分に疑問を持ち、家族を捨てて修行の旅へ出るという物語です。

 この時点では彼はまだブッダではなくシッダルタという一人の青年です。誰にも理解してもらえない悩み、苦しみをどこにぶつけていいのか分からずにいる彼にとって、王になるとか、豊かな暮らしなどは何の魅力も持っていなかったのです。

 この2人は、もちろん仏教というものを通じてつながっているのですが、悩める青年という意味でも似ているような気がします。

 誰にだって悩みはあるけれど、それに本気でぶつかっていく勇気がある人はなかなかいません。「まぁ、いいや」でその場はしのげても、結局はまたぶつかってしまいます。悩むこと、考えること、やってみること、それこそが修行なのかもしれません。

ブッダ (第2巻) (潮ビジュアル文庫)

« 『ユダの山羊』 ロバート・B.パーカー | トップページ | 『山椒魚戦争』 カレル・チャペック »

日本の作家 た行」カテゴリの記事

日本の作家 やらわ行」カテゴリの記事

コミックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/44178130

この記事へのトラックバック一覧です: 『大奥 第2巻』 よしながふみ そして 『ブッダ 第2巻』 手塚治虫:

« 『ユダの山羊』 ロバート・B.パーカー | トップページ | 『山椒魚戦争』 カレル・チャペック »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ