ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『大奥 第2巻』 よしながふみ そして 『ブッダ 第2巻』 手塚治虫 | トップページ | 『佐賀のがばいばあちゃん』 島田洋七 »

『山椒魚戦争』 カレル・チャペック

山椒魚戦争 (地球人ライブラリー)
カレル チャペック
Karel Čapek
小学館

 この本を図書館で見つけて思わず借りてしまったのですが、家で本を開いてみたら「英訳からの重訳であり、内容を3分の2に縮めた簡約版です」ということだったので、アララと思ったんですが、読んでみたらそれなりに面白かったですよ。

 この作品に登場する山椒魚たちは、南の島で偶然発見された知的生物です。人間たちは彼らを労働力として使うことに気が付きます。彼らの立場を考えてみると、「奴隷」とか「ロボット」とかという言葉に変えても成立してしまうようなものなのです。

 人間とは何と自分勝手なんでしょう!そのツケが回ってきて、初めて自分がしたことに気がつくのだけれど、そんなことには気が付かないようなフリをしようとするし、反省しないし、しょうもないなぁ!

 この本の著者カレル・チャペックは「ロボット」という言葉を作った人です。彼がいなければアトムも生まれないし、R2D2やC3POも存在しません。ほぼ1世紀前に彼が予測した未来は、かなりの確率で実現されています。

 チャペックは園芸についてのエッセイも面白いし、絵本も書いているし、とっても不思議な人です。今年は彼に注目してみようかなぁ!

 「ロボット」も読まなくっちゃね!

993冊目(今年28冊目)☆☆☆☆☆
外国作品を読もう!キャンペーン 6冊目

« 『大奥 第2巻』 よしながふみ そして 『ブッダ 第2巻』 手塚治虫 | トップページ | 『佐賀のがばいばあちゃん』 島田洋七 »

海外 小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/44195785

この記事へのトラックバック一覧です: 『山椒魚戦争』 カレル・チャペック:

« 『大奥 第2巻』 よしながふみ そして 『ブッダ 第2巻』 手塚治虫 | トップページ | 『佐賀のがばいばあちゃん』 島田洋七 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ