ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『パティ・ボイド自伝 ワンダフル・トゥディ』 | トップページ | 『ペット・サウンズ』 ジム・フシーリ »

『ナターシャ』 ディヴィッド・ベズモーズギス

ナターシャ(新潮クレスト・ブックス)
デイヴィッド・ベズモーズギス
David Bezmozgis
新潮社

 著者ディヴィッド・ベズモーズギスは旧ソ連ラトヴィア共和国生まれで、後にカナダへ移住した方です。この作品に登場するのは、彼と同じようにロシアからカナダへ移住したユダヤ人達です。

 彼らラトビアのユダヤ人達はナチスドイツに迫害され、殺され、戦争が終わったと思ったら今度はソ連に併合され、スターリン時代にもユダヤ人だということで迫害が続いたのだそうです。

 カナダへ移住した彼らは、言葉も分からず、仕事もなく、それでも必死に生きていきます。少なくともカナダでは、自由に生きる権利が保障されていたのですから。

 言葉が分からない外国へ来て、同胞と語り合ったり、一緒に食事したり、教会へ行ったりすることで、彼らは寂しさや辛さを忘れようとしていたのでしょうか?この小さなコミューンの中だけが安心できる場所だったのでしょうか?

 家も広くなり、家族も増え、少しずつ豊かさを手に入れていくのですが、決してカナダ人になっていくわけではないのですね。他所の土地にいるからこそ、民族のアイデンティティを強く考えることになるのは、どの民族でも、どの国でも同じなのでしょうか?

 誰もが同じように生きているのに、誰もが違う人生をおくっているのは不思議ですね。同じ境遇であっても、それをどう受け止めるのかによって幸せになったり、不幸になったりするのですね。

 祖国を離れて、家族で一致団結しなければと分かっていながらも、そんな生活に反発する人がいたり、どうせ結婚するなら同じ国の人がいいのだからと、ロシアからお嫁さんを呼んだり。どんな場所にいようと、人間というのはいつも同じように生きていくものなのですね。

1006冊目(今年41冊目)
外国作品を読もう!キャンペーン 12冊目

トラックバック先
新潮クレスト・ブックスを読もう!

« 『パティ・ボイド自伝 ワンダフル・トゥディ』 | トップページ | 『ペット・サウンズ』 ジム・フシーリ »

海外 小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/44484310

この記事へのトラックバック一覧です: 『ナターシャ』 ディヴィッド・ベズモーズギス:

« 『パティ・ボイド自伝 ワンダフル・トゥディ』 | トップページ | 『ペット・サウンズ』 ジム・フシーリ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ