ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『佐賀のがばいばあちゃん』 島田洋七 | トップページ | 『べにいろの童話集 (アンドルー・ラング世界童話集)』 »

『朗読者』 ベルンハルト・シュリンク

朗読者 (新潮文庫)
朗読者 (新潮文庫)
posted with amazlet at 09.03.02
ベルンハルト シュリンク
Bernhard Schlink
新潮社

 ミヒャエルとハンナは出会ってしまったのです。歳の差など何の問題でもありませんでした。誰にも秘密の2人だけの時間は濃密で、魅力的だったのです。

 「あんたはとってもいい声をしているじゃないの、坊や、あたしは自分で読むよりあんたが読むのを聞きたいわ」

 ハンナにそう言われたミヒャエルは、彼女の部屋で朗読をするようになったのです。そして数年後、彼女が何故朗読をして欲しいと言ったのかの本当の意味を知ることになったのです。

 戦争によって人生を狂わされてしまった人々は、本当にたくさんいるのでしょうね。国の命令によってしたことが、後になってみれば重大な犯罪だと言われても、それを行った個人にはなすすべもないのです。それを裁かれる事になったとき、そこに本当の正義があるのかどうかは、難しい問題です。

 重いテーマを抱えながらも、これは終りのない愛の物語なのだとわたしは思うのです。

995冊目(今年30冊目)☆☆☆☆☆
外国作品を読もう!キャンペーン 7冊目

トラックバック先
Ciel Bleu
続 活字中毒日記
マロンカフェ
ディックの本棚

« 『佐賀のがばいばあちゃん』 島田洋七 | トップページ | 『べにいろの童話集 (アンドルー・ラング世界童話集)』 »

海外 小説」カテゴリの記事

コメント

Rokoさん、こんにちは。
ああ、確かに終わりのない愛の物語ですね。
一時は2人とも終わったんだと思ってたのでしょうけど…

ほんといいお話でしたね。
シュリンクは3冊読みましたが、今のところ
これが一番好きです。
あ、でも短編集も良かったですよ。^^

四季さん☆こんばんは
ドイツという国にとって、ホロコーストは絶対に忘れることのできない重い問題なのだと再確認してしまいました。
そして、それ以外にも色々と考えさせられました。
人生とは常に人それぞれなのだと・・・

Rokoさん、こんばんは♪
TBさせていただきました。
私にとっては大好きな一冊となりました。
なかなかRokoさんの“終りのない愛”というように的を射た表現はできないけど、切ない作品ですね。

これはドイツ語だから原書では読めないけど(笑)、再読したい一冊ですね。
再読すれば、もっともっと二人の気持ちがわかると思いますわ。

トラキチさん☆こんばんは
愛しているのに、逢いたいのに、一緒に生きることができなかった2人の運命を考えると本当に切ないですね。
また何年か後に読み返してみたい、素晴らしい作品でしたね。

こんにちは~♪
ドイツ人にとっては忘れられない、忘れてはいけない重たい問題なんだなぁ・・・と改めて知ってびっくりしたというか。
あちこちのレビューでネタバレ云々・・・とよく書いてあったので、少しミステリ的な読み方しちゃったのですが、少し時間をあけて再読してじっくりもう一度恋愛物語としても味わいたいなぁ~と思いました。(^^)

板栗香さん☆こんばんは
「忘れないように残していこう」という気持ちがどれだけあるかですよね。
被害者としての過去も、加害者としての過去も、同じように重要な遺産であるはずです。
戦争のために引き裂かれてしまった愛は、余りにも切なかったですね。

コメントしなくて申し訳ないですが、みなさんのコメントとか読んでいると、自分とは受け止め方がずいぶん違うなあ、と。
一度いろいろな方の感想を読んでまわってから、考え直してみたいな、と思っております。

ディックさん☆こんばんは
それぞれの人生観によって受け止め方が違ってきますよね。
こういうことを真剣に考えること、それが大事なのだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/44226388

この記事へのトラックバック一覧です: 『朗読者』 ベルンハルト・シュリンク:

» 「朗読者」「逃げてゆく愛」ベルンハルト・シュリンク [Ciel Bleu]
  [amazon] [amazon] 新潮クレストブックスから出ていた、ドイツ人作家・ベルンハルト・シュリンクの2冊。「朗読者」が長編で、「逃げてゆく愛」が短... [続きを読む]

» 『朗読者』 ベルンハルト・シュリンク  (新潮文庫) ≪四季さんオススメ≫ [続 活字中毒日記]
四季さんのオススメ本。オススメ本リストはこちら <ヘッセの『車輪の下で』に比肩する心にズシリと響く作品。> 確かヘッセの『車輪の下で』以来のドイツ文学。 まさに懐の深い読書が楽しめる一冊。 本作は1995年に刊行されて以来、数多くの国でベストセラーとなっている。 日本においては新潮クレスト・ブックスにて2000年に刊行、そして2003年に文庫化、翌2004年からは日本の文庫本におけるステータスシンボルと言っても過言ではない“新潮文庫の100冊”にラインアップされている。 読み終え... [続きを読む]

« 『佐賀のがばいばあちゃん』 島田洋七 | トップページ | 『べにいろの童話集 (アンドルー・ラング世界童話集)』 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ