ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『別冊 図書館戦争 Ⅱ』 有川浩 | トップページ | 『フリーダ・カーロのざわめき (とんぼの本)』 森村 泰昌 藤森 照信 芸術新潮編集部 »

『ある秘密』 フィリップ・グランベール

ある秘密 (新潮クレスト・ブックス)
フィリップ グランベール
Fhilippe Grimbert
新潮社

 父さんと母さんは何か隠してる・・・・・・。

 この物語の主人公は、病弱な少年です。運動用品店を経営している両親はどちらも運動能力にたけており、ひ弱な自分は愛されてないのではという恐れにも似た気持ちを彼は持っていたのです。

 それを助けてくれたのが、彼の想像の世界で作り上げた兄の存在でした。力強い兄はいつも、自分を助けたり叱咤したりしてくれていたのです。

 両親はひとりっ子の自分を大事にしてくれているけれど、時々不思議なものを感じるのです。両親が自分に対して何か隠していることがあるような気がするのです。

 この物語は著者の自伝的なもので、ご両親が亡くなって20年後に書かなければと思い立ったのだそうです。確かにそれだけの時間が必要だったのだろうなと思える、深刻な秘密がそこにありました。

 朗読者は心ならずもナチス・ドイツの側に立ってしまった人の悲劇でしたが、こちらはフランスにまで及んだホロコーストの犠牲となった人たちと、その家族の物語でした。

 辛いけれど忘れてはいけない歴史、二度と繰り返してはいけない愚かな人間の歴史を、こうやって後世に残すことは重要なことです。そして、少しでも多くの人に知ってもらい、過ちを繰り返さないようにすること、それが今を生きるわたしたちの使命だと思うのです。

 トラキチさん四季さんの影響でハマりつつあるクレストブックスですが、今回もとても素晴らしかったです。次は何を読もうかなぁ?

1000冊目(今年35冊目)☆☆☆☆☆
外国作品を読もう!キャンペーン 10冊目

トラックバック先
新潮クレスト・ブックスを読もう!
Ciel Bleu
続 活字中毒日記

« 『別冊 図書館戦争 Ⅱ』 有川浩 | トップページ | 『フリーダ・カーロのざわめき (とんぼの本)』 森村 泰昌 藤森 照信 芸術新潮編集部 »

海外 小説」カテゴリの記事

コメント

Rokoさん、こんにちは~。
着々と読んでらっしゃいますね。^^
クレストブックスには、重い話も結構ありますけど
それだけに伝わってくるものがありますね。
簡潔な文章で書かれると、余計ずしんと響いてくる気がします。

「ソーネチカ」も読まれたんですよね。
私もこれ図書館で借りてきたところなんです。
読んだらまたお伺いしますね!

四季さん☆こんばんは
淡々とした文章だからこそ伝わるものってありますね!
それにしてもクレストブックスはいいですね(*^^)v
じゃんじゃん読みますよ~!
こちらからもまたお伺いします。m(_ _)m

Rokoさん、こんにちは♪
この作品薄い本ですが内容濃いですよね。
『朗読者』をフランス人が読み、本作をドイツ人が読む。
平和な時代になりました。
でも二度と繰り返してはなりません。
それは作者の願いであると思います。

高校生が選ぶゴンクール賞作品らしいですが、日本の高校生たちにも読んでほしいですね。

新潮クレスト・ブックス本当にハマります(笑)

トラキチさん☆こんばんは
日本の高校生にも読んで欲しいというのには同感ですね。
辛いことも、悪いことも、知っておくべきことはすべて後世にきちんと伝えないとね。
人間はすぐに忘れてしまうから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/44346435

この記事へのトラックバック一覧です: 『ある秘密』 フィリップ・グランベール:

» 「ある秘密」フィリップ・グランベール [Ciel Bleu]
 [amazon] 本当はひとりっ子なのに、長い間兄さんがいるつもりになっていた... [続きを読む]

« 『別冊 図書館戦争 Ⅱ』 有川浩 | トップページ | 『フリーダ・カーロのざわめき (とんぼの本)』 森村 泰昌 藤森 照信 芸術新潮編集部 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ