ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« ツール第3ステージでは別府選手が活躍!そしてこんな3ショット! | トップページ | 『女神記 (新・世界の神話)』 桐野夏生 »

映画 「レスラー」

Wrestler_2

 ミッキー・ロークが帰ってきた!

 主人公のランディは、昔はマジソン・スクエア・ガーデンのメイン・イベントを務めるようなレスラーだったのだけど、今は小さなローカル団体でかろうじて試合をしている状態なのです。

 その何とも痛々しくて、とんでもない奴なところが、ミッキー自身の人生とも重なって見えていました。

 ミッキー・ロークは昔から役に合わせて身体を作るのは得意だったけど、このレスラーの身体は本当に凄いなぁと思いました。映画に登場する他のレスラーはすべて本物のレスラーなんだけど、その中に混ざって何の違和感もないとは!どういうトレーニングをしたんだろう?

 わたしはプロレスも好きなのですが、それでもビックリしちゃうようなシーンが結構ありました。特にハードコアの試合はいかにも痛そうでしたねぇ。ランディの必殺技「ラム・ジャム」(トップロープからのダイビング)の飛び方はさぞかし練習したんだろうなぁ、とても飛形がキレイで感心しちゃいました。

 プロレスラーの入場時には必ずテーマ曲があるんですが、最後にランディが入場する時の曲が "Sweet Child of Mine" でした。それまでの思いが一気にこみ上げて来て、泣きそうになっちゃいました。エンドロールに "Special Thanks for AXL Rose" というのがあったので、これは正式にAXLに許可を得たということなのでしょうね。

 エンドロールで流れる ”The Wrestler" を書いたのは ブルース・スプリングスティーンです。映画の予算が少ないのでお金を払えないのだけれど、主題歌を書いてくれないかとミッキー・ロークが頼んで書いてもらったのだそうです。ゴールデングローブ賞では主題歌賞を取りましたが、アカデミー賞ではエンドロールでしか流れていないので主題歌とは認められなかったのだとか、不思議だなぁ。

 プロレスって、スポーツであり、特殊技能が必要なエンターテイメントなんですよね。ある一定のお約束があり、ストーリーもあったりするけれど、でも命をかけて戦っていることに変わりはありません。ケガも多いし、薬の問題もあるし、ギリギリのところで折り合いを付けている人が多いはずです。

 身体を酷使し過ぎていろんな問題を抱えている方は多いけど、先日の試合中に亡くなった三沢さんのニュースは衝撃でした。一歩間違えたらという思いを抱えてレスラーたちは戦っているのでしょうね。

 とんでもないバカヤローだけど、不器用に、必死に生きているランディはカッコいいレスラーでした。無謀だけど、勝手だけど、魅力的な男でした!主演はミッキーでなければイヤだと映画会社と喧嘩してまで、こんなに素敵な映画を作ってくれたダーレン・アロノフスキー監督に感謝!

製作年 2008年
製作国 アメリカ
原題 THE WRESTLER
公式サイト http://www.wrestler.jp
監督 ダーレン・アロノフスキー

@TOHOシネマズ シャンテ

« ツール第3ステージでは別府選手が活躍!そしてこんな3ショット! | トップページ | 『女神記 (新・世界の神話)』 桐野夏生 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/45576495

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 「レスラー」:

« ツール第3ステージでは別府選手が活躍!そしてこんな3ショット! | トップページ | 『女神記 (新・世界の神話)』 桐野夏生 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ