ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『女神記 (新・世界の神話)』 桐野夏生 | トップページ | 『女優の箪笥』 室井滋 »

Simon & Garfankel @東京ドーム

Sounds of Silence Simon & Garfankel のコンサートに行ってきました。

 Art Garfankel のステージは以前行ったことがあるのですが、2人揃ってのステージは初めてです。

 感想ですか?

 もう、素晴らしくて!!

 11歳の時からコンビを組みはじめ、15歳くらいのころにはポールはエバリーブラザース、アートはジーン・ビンセントが大好きだったんですって。というわけで Be Bop-A-Lula を歌ってくれらのですが、オリジナルはロックンロールなのに、これがもう S&G なんですよ!(*^_^*)

 わたしね、そんなにS&Gの曲を一生懸命に聞いていたつもりはないんですけど、今回演奏された全曲知ってるんです。(*^^)v

 1967年公開の映画 「卒業」 の音楽がS&Gでしたからねぇ、ラジオやいろんなところにS&Gの曲が溢れてたってことなのかなぁ?

 アートの声って話す声と歌声がまったく違うんですね。やぱり天使の歌声だなぁ!

 ポールのギターのフレーズって本当に印象的ですね。そして声も個性的です。

 それぞれのソロのコーナーでは全く違う方向性の音楽でした。アートは美しいメロディの曲を、ポールはリズム重視の曲を演奏していました。

 でもね、2人が揃うとどうしようもなくS&Gなんですよ!お互いのことを "Old Flend" と呼び合っているのを見ると、アルバム BookEnd の "Old Friends" のことを思ってしまいました。

 S&G も、間違いなくわたしの大事な一部なのだと再確認しました。「卒業」をまた見たくなりました!

« 『女神記 (新・世界の神話)』 桐野夏生 | トップページ | 『女優の箪笥』 室井滋 »

音楽」カテゴリの記事

コンサート・ステージ」カテゴリの記事

コメント

二人揃ってのステージをみるのは私も初めてです。15日の武道館に行くことにしました。
チケット高っ!ですが、それに変えられません。
やっぱりマイケルの死が引き金になっています。
今の内に見ておかなきゃ!って思ってしまいました。

ゆみりんこさん☆こんばんは
>今の内に見ておかなきゃ!
最近いろんなことで、そういう気持ちになっちゃってます。
武道館のチケット取れたんですか、ヨカッタヨカッタ!
2人のハーモニーを思いっきり楽しんで来てくださいね!(#^.^#)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/45595126

この記事へのトラックバック一覧です: Simon & Garfankel @東京ドーム:

« 『女神記 (新・世界の神話)』 桐野夏生 | トップページ | 『女優の箪笥』 室井滋 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ