ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『ラーメン屋の行列を横目にまぼろしの味を求めて歩く』 勝見洋一 | トップページ | Fashion's Night Out »

『f植物園の巣穴』 梨木果歩

f植物園の巣穴
f植物園の巣穴
posted with amazlet at 09.09.10
梨木 香歩
朝日新聞出版

 幼いころ、住込みのねえやだった千代。若くして亡くなった妻の千代。ふと気になって入ってみた洋食屋の千代。どうして千代という名の女ばかり自分の周りに集まってくるのか?

 歯医者へ行ってみれば、医者の手伝いをしている前世が犬だったという「家内」は、時々犬になっている。大家さんも時々鶏になっている。いつもの道を歩いているつもりなのに、違う道に出てしまったり。

 不思議なことが次々と起こり、最初は面喰っていた主人公が、段々と「こんなものだ」「これは夢なのだ」と思うようになっていくのです。

 ずっと昔のことを何かの拍子に思い出すことがあります。そのきっかけは何かの匂いだったり、音だったりするのだけど、それが自分の頭の中の何かにピタッとはまった時、突然思い出すのです。

 それは台風の前の生暖かい風だったり、ごはんが炊ける匂いだったり、鈴虫の声だったり、洗濯屋さんがアイロンがけをする蒸気だったり。

 すぅっと自分が過去のある時点に戻ってしまいます。そして、見つけるんです。自分を作り上げたものが何だったのかということを。

1066冊目(今年101冊目)

トラックバック先
本のある生活
ディックの本棚

« 『ラーメン屋の行列を横目にまぼろしの味を求めて歩く』 勝見洋一 | トップページ | Fashion's Night Out »

日本の作家 な行」カテゴリの記事

コメント

こちらの感想を読んでその気になってきました。
しばらく梨木さんから離れていましたが、読んでみようと思います。

ディックさん☆こんばんは
わたしも梨木さんの作品は久しぶりだったのですが、やっぱり惹き込まれてしまいました。
こういう気持にさせてくれる作家さんは、やっぱり大事ですねぇ。

わあ、ごめんなさい。
そうか、こんなコメントが残っていましたか。
7ヶ月間かけて、やっとご紹介いただいた本を読むことができた、ということのようです。

久しぶりに梨木さんの世界を堪能いたしました。

ディックさん☆こんばんは
時代を感じるような文体も、この作品のイメージを広げていたような気がします。
梨木さんは、やっぱりいいですねぇ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/46174825

この記事へのトラックバック一覧です: 『f植物園の巣穴』 梨木果歩:

» f植物園の巣穴/梨木果歩 [ディックの本棚]
f植物園の巣穴  妻が亡くなり三回忌の翌日、転任の話があって、私はf植物園の技官になった。水生植物園が担当だ。河川工事の関係か、池のように残され湿地化した一画が放置されていたのを、自分なりになんとか再生したい、と情熱を注いでいる。  歯が痛みだし、f郷歯科...... [続きを読む]

« 『ラーメン屋の行列を横目にまぼろしの味を求めて歩く』 勝見洋一 | トップページ | Fashion's Night Out »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ