ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 東京スカイツリーがこんなに大きくなりました! | トップページ | 『シンプル族の反乱』 三浦展 »

『ドラゴン・ティアーズ 龍涙 池袋ウエストゲートパークⅨ』 石田衣良

キャッチャー・オン・ザ・目白通り
 お姉キャラのエスティシャンの本当の姿は、悪徳キャッチセールスの元締めだった。

家なき者のパレード
 ホームレス社会も生存競争が厳しくなり、ほんのわずかな取り分をめぐって争うことになっていた。

出会い系のサンタクロース
 風営法の外側で営業しているように見せかけている「出会い部屋」で働く女性を助けてほしいと、やって来たのは彼女いない歴28年のヒデトくん。

ドラゴン・ティアーズ 龍涙
 中国から研修生としてやって来て、実際には工場で低賃金で働く女性が逃亡した。その彼女を探しているというリンという男がマコトの所へやって来た。

 マンネリと言われようが、やっぱりこのシリーズは読んでしまうんですよね。マコトの所に持ち込まれるトラブルは、どれも今の日本で起きている事実なんです。ホームレスも外国人労働者も、わたしには関係ないとは言えない状態です。

 労働基準法を無視した労働を外国人になら許してしまうシステム。町をきれいにするというキレイ事でホームレスを一掃しようとしているシステム。TVで有名になったという知名度だけでお金を集めようとするシステム。どれも間違っているのに、どれも無くなりません。

 どんなにひどい労働条件であろうと、自国へお金を持って帰るためや送金するために頑張って働いている人たちと、せっかく豊かな国に生まれたのに働く意欲を無くしている人たちの、どちらが幸せなんだろう?なんて考えさせられてしまいました。

1071冊目(今年106冊目)

トラックバック先
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
じゅずじの旦那
心に残る本
本のある生活

« 東京スカイツリーがこんなに大きくなりました! | トップページ | 『シンプル族の反乱』 三浦展 »

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

タカシのキャッチも面白そうだけど、やっぱりマコトのかあちゃんはすごいね!
あの気風の良さには脱帽です(^^ゞ

じゅずじさん☆こんにちは
Gボーイズに超人気のマコトのかあちゃん、カッコいいですよね!
マコトの生き方の基本は、ここにあるんだろうなぁ!

Rokoさん、こんにちわ。
マンネリでも、おきまりの展開でも
このシリーズは、やっぱり読まずにはいられません。
こうして読んでみると、今の日本って変なことばかりだなぁって、いまさらながら気づかされます。
マコトくんへの依頼がなくなることは、当分なさそうですね。

juneさん☆こんにちは
ホントに日本はどうなっちゃうんだろうなぁ?ってことばかり起きてます。
マコトくんやマコトの母さんのような人がいてくれたらなぁって思うことが多いですねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/46298338

この記事へのトラックバック一覧です: 『ドラゴン・ティアーズ 龍涙 池袋ウエストゲートパークⅨ』 石田衣良:

» 【ドラゴン・ティアーズ 龍涙】 石田衣良 著 [じゅずじの旦那]
なに?  マコトに妹が…  まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] blogRanking[:右斜め上:] 【あらすじ】茨城の奴隷工場から中国人少女が脱走した。250人の研修生の強制送還まで、タイムリミットは一週間。捜索を頼まれたマコトは、チャイナタウンの裏組織“東龍”に近づく…。池袋は何かと問題が多いらしい、「池袋ウエストゲートパーク 9」今回も現実の問題がいろいろだ。  キャッチセールスにだまされた女たち  ホームレスをくいものにするヤツら  ローン会社から風俗へ売られた女  ... [続きを読む]

» 「ドラゴン・ティアーズ──龍涙」石田衣良 [本のある生活]
ドラゴン・ティアーズ──龍涙クチコミを見る この頃石田さんの作品は新刊が出ても追いかけていないのですが、このシリーズだけは好きなので別です。Gボーイズの力を借りても、サルの力を借りてもいいんです。それは水戸黄門的展開のお約束ってことです。 今回も時の....... [続きを読む]

« 東京スカイツリーがこんなに大きくなりました! | トップページ | 『シンプル族の反乱』 三浦展 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ