ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『アメリカ映画の暗号を読み解く ― 迷走する大国編』 越智道雄 | トップページ | ミヒャエル・ゾーヴァ展@そごう美術館 »

映画「パリ・オペラ座のすべて」 試写会

 webDICEさん主催の試写会へ先日行ってきました。

 オペラ座という名前から、クラシックバレエのイメージしかなかったのですが、実際にはモダンバレエも多く手がけているのですね。

 約150名のの団員の中からレベルを1つずつ登って行き、エトワールと呼ばれる最上級のダンサーに上り詰めた人達の動きには、本当にほれぼれとしてしまいました。

 そして、バレエダンサーがフランスでは大事にされているということを感じました。
 オペラ座のダンサーは40歳から年金を受け取れるのだそうです。(一般の公務員は60歳から)
 それだけダンサーの寿命が短いという意味でもありますが。

 バーレッスン、個別のレッスン、大勢のダンサーが揃って踊るレッスン、そのどれもが緊張感にあふれ、厳しく、美しいのです。

 肉体をあそこまで自由にコントロールできる境地というのは、どういうものなのでしょうね。
 羨ましくもあり、見ている側で良かったという思いもありました。

 ダンスをお好きな方なら、是非とも観て欲しい映画です。

 劇場公開は10月10日からです。

製作年 2009年
製作国 フランス
原題 LA DANSE, LE BALLET DE L'OPE'RA DE PARIS
時間 158分
公式サイト http://www.paris-opera.jp/
監督 フレデリック・ワイズマン

« 『アメリカ映画の暗号を読み解く ― 迷走する大国編』 越智道雄 | トップページ | ミヒャエル・ゾーヴァ展@そごう美術館 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/46258553

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「パリ・オペラ座のすべて」 試写会:

« 『アメリカ映画の暗号を読み解く ― 迷走する大国編』 越智道雄 | トップページ | ミヒャエル・ゾーヴァ展@そごう美術館 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ