ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« ナルニア国へ行ってきました | トップページ | 11月24日はFreddie Mercury の命日 »

『フルーツ・ハンター』 アダム・リース ゴウルナー

フルーツ・ハンター 果物をめぐる冒険とビジネス
フルーツ・ハンター
posted with amazlet at 09.11.23
アダム・リース ゴウルナー
白水社

 普通のスーパーで売っているフルーツって何種類くらいあるのだろう?家の近所のスーパーだとせいぜい20~30ってところだろうなぁ。同じフルーツでも品種や産地違いの何種類かを置いてある場合もあるから、それをカウントしていくと100種類を超えるのかもしれないけど、それだって大した数じゃない。

 始めてアメリカへ行った時、スーパーに並んでいるフルーツの種類の多さにビックリしたんですよ。リンゴだけだって赤いの、青いの、大きいの、小さいの、おまけにそれらすべてが量り売りなんだもの。

 もちろん日本でだって、大きなフルーツショップへ行けば珍しいものが沢山並ぶようになったけど、まだまだ知らないものが世界中にあるんですよね!

 この本の著者アダムはフルーツに魅せられてしまい、世界中の珍しいフルーツを一目見たい、一口食べたい、という思いで何処へでも出かけていきます。形や匂いで、思わずひるんでしまうようなものも多いけど、ドンドンつき進んでいくところは、まさしく「フルーツ・ハンター」です。

 美味しいけれど、余りに臭くて有名なドリアン。わたしは乾燥させたドリアンしか食べたことがないんですが、いつか生のを食べてみたいなぁ!わたしは「くさや」が平気だから、きっと大丈夫だと思うんだけど。

 この本の中で一番気になったのは「ミラクルフルーツ」です。これを食べた後は、レモンなどの酸味の強いものを食べても甘ーく感じるんだそうです。どんな感じなのか、わたしも体験してみたいです。

 フルーツには食べごろってものがあるから、収穫してから店頭に並ぶまでの期間をどうするかが大きな問題です。それをクリアするために冷蔵保存したり、品種改良したり、様々な努力をしていますが、本当に美味しいフルーツを食べるためには現地に行くしかないのでしょうね。

 フルーツにまつわる不思議な話、様々な言い伝え、栽培の秘密、流通の限界、フルーツは何と様々な秘密に満ちているのでしょうか!この魅力に取りつかれたら逃れるのは不可能ですね。

1107冊目(今年142冊目)☆☆☆☆☆外国作品を読もう!キャンペーン 30冊目

« ナルニア国へ行ってきました | トップページ | 11月24日はFreddie Mercury の命日 »

海外 その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/46833970

この記事へのトラックバック一覧です: 『フルーツ・ハンター』 アダム・リース ゴウルナー:

« ナルニア国へ行ってきました | トップページ | 11月24日はFreddie Mercury の命日 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ