ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« Tokyo Miniature | トップページ | 『藤巻幸夫のつかみ。 瞬時に相手の心をつかむ会話のコツ』 »

フローズン・リバー 試写会

映画『フローズン・リバー』

 ニューヨーク州最北部とカナダとの国境にネイティブアメリカン、モホーク族の保留地があります。ヨーロッパから入植してきた人たちがアメリカとカナダという国を作り、国境も作ってしまったために現在のような状態になっているのです。

 この保留地という場所は独自の社会を作っており、いわば治外法権の地なのです。したがって州法の適応を受けないため、アメリカでは限られた場所でしか行うことができないカジノを行っているところが多いのだそうです。

 主人公のレイはトレーラーハウスで暮らしています。もっといい家で暮らしたいから頑張って働いてお金を貯めていました。なのに、今日支払いをすることになっていたお金を博打好きの夫に持ち逃げされてしまった所から物語が始まります。

 夫を探しに保留地へ行き、そこで夫の車を運転している女性を見つけます。彼女(ライラ)を追いかけて問い詰めると、車はバス停に置いてあったから拾って来たのだというのです。

 ライラには子供がいるのだけれど、義理の母に連れ去られてしまっています。その子を引き取って育てるためにお金が必要なので、危ない仕事をしています。

 カナダとアメリカの国境にある川は冬になると凍結し、氷が厚いところは車でも渡れるようになるのです。そのルートを使って密入国者を運ぶ仕事は、危険だけれど実入りのいい仕事だったのです。

 それまでは全く接点のなかった白人のレイとモホーク族のライラの、唯一つの共通点はお金が必要だということ。

 車を運転するのが白人だと警察にチェックされないから、運転手をしないかというライラの提案に、レイは思わず同意してしまったのです。

 昔アメリカへ行ったときに現地の人が「トレーラーハウスに住んでいる人たちは、この町の中で一番貧しい人たちだ」と言っていました。冬にはマイナス40℃にもなるような厳しい気候の中では路上生活は無理です。最低でもトレーラーハウスが必要なのです。

 夢も希望もお金もない2人の女性がどうしても手に入れたかったのは、家族と暮らすための「家」であり「お金」でした。そのために危険を顧みずに突っ走れたのは、貧しさゆえだったのです。

 貧しさゆえに犯罪を犯してしまうのは、それしか選択肢がないからです。真面目に働けば、それが必ず報われるとは限らないから。人種や性別や年齢によって条件の良い仕事を得ることができないから。そういう悲劇は世の中にどれだけあるのやら。

 最後に2人がああいう結論を出したのは、「家族を守る」ということを第一に考えたからなのでしょうね。やっぱり「母は強し」なのですね。

 普通だったらやるせない結末になりそうなところだけど、そうじゃないところが女性監督の手腕なのでしょうか。

 この作品は2008年サンダンス映画祭でグランプリを受賞しており、その時の審査委員長であるクエンティン・タランティーノ監督が大絶賛しています。

 また、主演女優賞(メリッサ・レオ)とオリジナル脚本賞(コートニー・ハント)が2009年アカデミー賞にノミネートされました。

 けれども地味な作品であるため、日本では大手の配給を受けることができないままでした。やっと2010年1月からいくつかの映画館で上映することが決まりました。

 とても素晴らしい作品なので、是非みなさんご覧になってください。そして2人の母親の決断に応援をしてあげてください。

 この映画の公式サイトは → こちら です。

 WebDiceさんの試写会でこの映画を見てきました。

トラックバック先
soramove

« Tokyo Miniature | トップページ | 『藤巻幸夫のつかみ。 瞬時に相手の心をつかむ会話のコツ』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/47088929

この記事へのトラックバック一覧です: フローズン・リバー 試写会:

» 映画「フローズン・リバー」凍った心を溶かす優しい日差しが降り注ぐ [soramove]
「フローズン・リバー」★★★★ メリッサ・レオ、ミスティ・アップハム、チャーリー・マクダーモット主演 コートニー・ハント 監督、97分 、 2010年3月27日公開、2008,アメリカ,アステア (原題:Frozen River )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 2008年サンダンス映画祭ドラマ部門グランプリ作品。 「荒れ放題の素顔のアップ、もう若くはない トレーラーハウスで... [続きを読む]

« Tokyo Miniature | トップページ | 『藤巻幸夫のつかみ。 瞬時に相手の心をつかむ会話のコツ』 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ