ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『パイレーツ -掠奪海域-』 マイクル・クライトン | トップページ | 『インドのことはインド人に聞け!』 中島岳志 »

NHK 世界のドキュメンタリー ソウル・ディープ 第2回 ゴスペルからソウルへ

Sumcook ブラックミュージックのルーツのひとつであるゴスペルは、教会音楽として黒人社会の中で確立した音楽です。ですから1960年代初頭までは、ゴスペルとポピュラー音楽は一線を画したものでした。

 ゴスペル・ロードと呼ばれる地方巡業をするミュージシャンが増え、少しずつ人気を広めていきました。とはいえ、聴衆は黒人のみ。旅の途中で白人に嫌がらせを受けることは、日常のことでした。

 その壁を破ったのがサム・クックでした。ゴスペル歌手がポピュラーな音楽をやるなんて!という保守的な声が多い中、ゴスペルだけを歌っていては本当の意味でのミュージシャンとして認められることはないと考えた彼は、故郷のシカゴを離れ、L.A.へ向かったのです。

 今ではゴスペル出身でポピュラー界へ進出するというのは当たり前のルートですが、サムが活躍していた50年前には考えられないことだったんですね。ゴスペルというのは神に捧げるものであって、お金を稼ぐためのものではないという考え方が一般的だったとは!

 ゴスペルを歌う男声コーラスの場合、カルテット(5人組)が多かったという事を初めて知りました。2人がリードを取り、後の3人がコーラスや合の手を入れるというスタイルは、その後のスタイリスティックスやジャクソン5にも影響を与えているんだそうです。

 音楽の権利、人権といったことに力を入れて活動をしていたサムはモハメッド・アリ(カシアス・クレイ)ととても仲が良かったんですね。2人で歌っている映像を見ると、まるで兄弟のようです。

 1964年にサムは射殺されてしまいます。これに関しては様々な陰謀説も飛び交っています。彼がその後も生きていたら、音楽界も公民権運動のあり方も、かなり変わっていたでしょうね。

 BBC 2003年制作 原題:SOUL DEEP GOSPEL HIGHWAY

番組のHPは → こちら

« 『パイレーツ -掠奪海域-』 マイクル・クライトン | トップページ | 『インドのことはインド人に聞け!』 中島岳志 »

音楽」カテゴリの記事

TV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/47218328

この記事へのトラックバック一覧です: NHK 世界のドキュメンタリー ソウル・ディープ 第2回 ゴスペルからソウルへ :

« 『パイレーツ -掠奪海域-』 マイクル・クライトン | トップページ | 『インドのことはインド人に聞け!』 中島岳志 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ