ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« NHK 世界のドキュメンタリー 第6回 ヒップホップ時代のソウル | トップページ | 『中国報道の「裏」を読め!』 富坂聰 »

映画 「パブリック・エネミーズ」

Photo_3

 大恐慌の1930年代、銀行から鮮やかな手口で現金を奪い、捕まって刑務所に入れられても脱獄を繰り返し、州境を越えて活躍する彼を捕まえるために、法律まで変えさせ、FBIから Publick Enemy No.1 (国民の敵 No.1)と呼ばれた男、ジョン・デリンジャーの物語。

 FBI は 「国民の敵」と呼ぶけれど、銀行強盗を何度も重ね、たとえ捕まってからでもマスコミのインタービューにジョークで応えるジョンの事を、一般市民は「ヒーロー」として見ていたんじゃないかなぁって思えます。

 仲間のことを決して裏切らず、汚れた金しか盗まないというスタンスがカッコいいんですよね。逆に、彼を追いかけているFBIの手段を選ばない捜査の仕方が、どうにもヤボでカッコ悪~い!

 ギャング映画を見たのってとても久し振りなんだけど、この時代のギャングってとってもスタイリッシュなんですよね。スーツにロングコートに帽子というスタイルでマシンガンを持つと、決まるのよねぇ!

 この映画の中で、ジョンが映画を見に行くシーンがあって、そこで上演されている映画の主人公がクラーク・ゲーブルなんだけど、これがまたカッコいいんだなぁ!

 ジョンを演じていたジョニー・ディップはもちろん良かったんだけど、恋人のビリーを演じていたマリオン・コティヤールがとても印象的でした。彼女が出ている映画をこれからチェックしようと思います。

 この映画はギャング映画というよりも、ジョンとビリーの愛を描いた物語だったのだと思います。それにしても、ビリーを口説くときのセリフはカッコ良過ぎです!

 俺の好きなもの、野球、映画、高級な服、速い車 ・・・・・ そして 君

 この映画の公式HPは → こちら

« NHK 世界のドキュメンタリー 第6回 ヒップホップ時代のソウル | トップページ | 『中国報道の「裏」を読め!』 富坂聰 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/47255825

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 「パブリック・エネミーズ」:

« NHK 世界のドキュメンタリー 第6回 ヒップホップ時代のソウル | トップページ | 『中国報道の「裏」を読め!』 富坂聰 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ