ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『したくないことはしない』 津野海太郎 | トップページ | 『Twitter 使いこなし術』 根岸智幸 »

『夜想曲集:音楽と夕暮れをめぐる五つの物語』 カズオ・イシグロ

夜想曲集:音楽と夕暮れをめぐる五つの物語

老歌手
 ベネチアのサンマルコ広場で働くギタリストに、アメリカのベテラン大物シンガーが奇妙なリクエストをしたのです。

降っても晴れても
 レイはずっと海外で働いていた、イギリスへ帰ってきて友達夫婦の家を訪ねたのだが、どうも様子がおかしい。

モールバンヒルズ
 ぼくはミュージシャン志望なのだが、なかなかグループに加わることができない。しばらく都会を離れてみようかと思い、田舎に住んでいる姉の所を訪ねてみることにした。

夜想曲
 スティーブは結構腕のいいサックス奏者なのだけど、もう一つパッとしない。妻のヘレンに「整形手術してみたら?」と提案されてしまった。

チェリスト
 ティボールは、初対面のミス・マコーミックからチェロの演奏の指導をしたいと言われたんです。

 著者初の短篇集は、いずれも音楽に関わる物語です。有名になれなくても音楽で生きていければ幸せだと考えている人。絶対に有名になりたいんだと思っている人。生活のために好きではない曲を演奏している人。新しい音楽を作り出そうとしている人。

 音楽の魔力に取りつかれると、そこから抜け出すことはできません。他のことをしていても、眠っている時でさえ、音楽の虜になってしまうのです。興味のない人から見ればバカバカしいことなんだけど、それなしでは生きていけなくなってしまうのです。

 「老歌手」のように、夕暮れにサンマルコ広場で聞くには、どんな曲がふさわしいのでしょう?余り大げさでなく、有名な曲でもなく、しみじみと夕陽を眺められるような曲だといいのですが。生ギターの優しい調べとか、バンドネオンのちょっと悲しげな感じとかかしら?

 登場する人たちの真面目さとはうらはらに、何だかクスクス笑いたくなってしまう感じって、これこそ人生なのだ!ってことなのかもしれません。

1129冊目(今年7冊目)☆☆☆☆☆

トラックバック先
Ciel Bleu

« 『したくないことはしない』 津野海太郎 | トップページ | 『Twitter 使いこなし術』 根岸智幸 »

海外 小説」カテゴリの記事

コメント

Rokoさん、こんにちは。
この作品自体が、同じ主題を繰り返し変奏していく
1つの大きな曲のような感じですよね。

夕暮れにサンマルコ広場、チェロの独奏なんてのも
いいのではないかしらと思います~。^^

四季さん☆おはようございます
チェロの独奏、いいですねぇ~!
サンマルコ広場でピンクフロイドの曲を演奏しているDVDを持ってるんですけど、これが良い感じなんですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/47347826

この記事へのトラックバック一覧です: 『夜想曲集:音楽と夕暮れをめぐる五つの物語』 カズオ・イシグロ:

« 『したくないことはしない』 津野海太郎 | トップページ | 『Twitter 使いこなし術』 根岸智幸 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ