ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『カラーひよことコーヒー豆』 小川洋子 | トップページ | 『日本人の知らない日本語2』 蛇蔵 海野凪子 »

『粗食のすすめ旬のレシピ〈4〉冬号』 幕内秀夫 検見崎聡美

粗食のすすめ旬のレシピ〈4〉冬号
幕内 秀夫 検見崎 聡美
東洋経済新報社

 わたしが子どもだったころ、八百屋さんに並ぶものは必ず季節感がありました。

 春には筍やふき、夏にはキュウリやスイカ、秋には柿や栗、冬には大根やみかんというように、その季節に収穫されるものがほとんどでした。

 ハウス栽培や輸入によって、季節感はすっかり無くなってしまいました。一年中同じものを食べられるのが当たり前になってしまったけれど、それでいいのかなぁって思います。

 たとえば今は、一年中スイカを食べることができますけど、わたしは夏にしかスイカを食べたいとは思いません。熱い日に汗をかきながら冷たいスイカを食べるからこそ美味しいのだと思うんです。スイカは水分補給をし、体温を下げるのに適したものだから、最近のようにやたらと甘いスイカは要らないのです。

 日本の素晴らしさは四季があることだと、わたしは信じています。だからこそ、食べものにも季節感を感じたいのです。夏は身体の熱を取ってくれるもの、冬は身体を温めてくれるもの、春には春の息吹を感じさせてくれるもの、実りの秋には豊かさを感じさせてくれるもの。そういうものを食べたいと思うのです。

 暑い日には打ち水をして行水をすれば涼しくなります。寒い日には肌着を温かいものにして小まめに動けば暖かくなります。1年中エアコン生活をしていたら、自然に合わせられない身体になってしまいます。

 それぞれの季節を楽しめばいいのに、どうして一年中同じ暮らしをしようとしてしまうのでしょうか?自然に合わせて生きていないから、自然と調和できなくなって様々な問題が起きているのではと思えてきます。

 「旬」を感じる生活を忘れてはいけませんね。

1145冊目(今年23冊目)☆☆☆☆☆

« 『カラーひよことコーヒー豆』 小川洋子 | トップページ | 『日本人の知らない日本語2』 蛇蔵 海野凪子 »

食物・喫茶・暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/47733955

この記事へのトラックバック一覧です: 『粗食のすすめ旬のレシピ〈4〉冬号』 幕内秀夫 検見崎聡美:

« 『カラーひよことコーヒー豆』 小川洋子 | トップページ | 『日本人の知らない日本語2』 蛇蔵 海野凪子 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ